”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【政治とカネ③】政党助成金(国民一人250円集め毎年320億円を各政党に分配)と企業献金を受け取らず、 「しんぶん赤旗」を売って財政活動している共産党。

投稿日:

2015112805_01_0b

スポンサーリンク

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-28/2015112805_01_0.html

日本共産党は、党費、機関紙誌などの事業活動の収入、個人からの寄付など、党員と支持者、国民から寄せられる浄財のみで活動資金をまかなっています。政党助成金、企業・団体献金は、一円も受け取っていません。

国民の政党支持は多様であり、「支持政党なし」も少なくないにもかかわらず、国民の税金から天引きして、政党に山分けする政党助成金は、憲法が保障する思想・信条の自由に違反する制度です。「身を切る改革」をいうなら、真っ先に廃止すべきものです。また、カネの力で政治を左右しようとする企業・団体献金は、事実上のワイロにほかなりません。政治資金パーティーや政党支部を通じての企業・団体献金も許されません。これらは、政治腐敗の二つの元凶であり、その根絶なくして政治の浄化はありません。日本共産党は、政党助成金廃止法案、企業・団体献金全面禁止法案を国会に提出し、その実現のために一貫してたたかっています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-28/2015112803_02_1.html

2014年の政治資金収支報告書で、自民党の本部収入に占める「党費・会費」の割合が、政党助成制度が始まった1995年の13・2%(31億円)から、14年に3・4%(8億円)へと激減したことがわかりました。一方、同党本部収入に占める政党助成金の割合(依存率)は、同じ20年間で56・7%(134億円)から67・4%(158億円)へと上昇。政党助成金が政党の過度の税金依存をもたらしている実態が浮き彫りになっています。

一方、政党助成金を手にすると簡単に政党を解散、消滅させたりする政党の離合集散も繰り返されています。

 14年には、日本維新の会から次世代の党が分党。維新の会に結いの党が合併し、維新の党になりました。政治資金収支報告書を見ると、日本維新の会が使い残した13億円余の政党助成金は返還されず、そのまま「新党」に引き継がれていきました。

2015112803_02_1

fe

feww

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

政党助成金(国民一人250円集め毎年320億円を政党に分配)と企業献金を受け取らず、 「しんぶん赤旗」を売って財政活動している共産党は少なくとも「カネ」の面では評価されるべきでしょう。他の政党に比べたら、カネのために政治をするという割合が格段に少ないわけですから。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-, , , ,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.