”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【ぜひ、初の女性総理に!】菊池桃子さん「日本は『仲間はずれ』をなくしてから、1億総活躍の話をするべき」障害者・ニート・経済的貧困者も共に

投稿日:

sty1510290012-p1

スポンサーリンク

http://www.asahi.com/articles/ASHDV038HHDTUTIL06R.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr02

安倍政権の目玉政策「1億総活躍社会」の実現に向け、政策を話し合う「1億総活躍国民会議」のメンバーに起用されたタレント、菊池桃子さんが「排除される人をつくらない社会」を提案し、注目を集めている。発言の裏にあったのは、障がいのある長女を育てながら感じた社会への疑問だった。

欧州では「社会から排除するものをつくらない」理念として、労働や福祉、教育などの分野で幅広く使われるが、日本では聞き慣れない。だが、菊池さんは、乳児期に脳梗塞(こうそく)を患って左手足にまひが残る長女と生きる中で、この言葉を幾度もかみ締めてきた。

 「小学校を探していた時は、近くの特別支援学校に『教科書相当の知識が身につくか約束できない』『家庭教師をつけては』と言われた。将来に夢を抱く子どもたちに義務教育も担保できないのか。それで本当に義務教育と呼べるのかと、疑問がわきました」。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

そこらへんの国会議員よりよほど仕事してる気がします。「ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)」10回言いましょう。

そして、障害者・ニート・経済的貧困者などもおおらかに包み込んでいく社会というのは理想として掲げるのにふさわしい社会だと思います。今のように「一生懸命頑張った奴だけがいい思いをする」「お金持ちは尊敬される」みたいなギスギスした社会ではなく、「なまけものでもいいじゃない」「頑張ってお金を儲けるだけでなく、社会に還元して初めて尊敬される」ような社会がいいですね。

ニートだっていいじゃない。

もうこうなったら「ももいろ党」を作って政治家になり、すぐに総理になって欲しいですね。官房長官は吉永小百合さんでいいんじゃないでしょうか。ルックス抜群でおしとやか、いかにも日本らしい彼女は日本の象徴としてふさわしいのではないでしょうか。少なくともあの方がたよりは(´-`).。oO

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-政治経済, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.