”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【殺人的勤務】西日本高速で男性過労死:退勤8分後に出勤「過労死された方のタイムカードがあまりにも酷すぎる!」

投稿日:

CZi8r4vUMAACDU0.jpg large

スポンサーリンク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000001-kobenext-l28
夜間工事の監督業務にも従事し、14年11月4日は午前7時半に出勤し、昼と夕の休憩を挟んで翌5日午前4時59分まで勤務。その後、午前5時7分に再び出勤した記録がある。同月は午前5、6時の退勤が4日あり、うち3日は次の出勤までの間隔が8分、26分、2時間18分だった。

遺族が第二神明道路事務所から提供されたセキュリティーシステムの入退室時刻やパソコンの使用時間から労働時間を算出すると、転勤直後の14年10月の時間外労働は150時間、11月178時間、12月152時間、15年1月108時間だった。

遺族は「こなし切れない仕事量を課され、明らかなパワハラだ」と憤り、同社に勤務状況を詳細に説明するよう求めた。男性社員が搬送された病院で上司の課長が「業務量に対し明らかに人手が不足していた」と謝罪。その後、所長も管理責任を認めたという。

 これに対し、同支社広報課の赤井健二課長は「労災認定を重く受け止める」とするものの「業務との因果関係について断定的なことは申し上げられない。時間外労働、謝罪の有無にもコメントできない」と企業責任については言及を避けた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

これはあまりにも酷すぎます。そしてネットでメチャクチャ話題になってて「自分の環境も酷い」「総労働時間だけなら自分の方が多い」と言っている人がメチャクチャ多い所に日本の大きな闇を感じます。

僕も「退勤8分後に出勤」を見た時は驚きましたが、残業150時間は「昔はやってたな」と思ってしまいました(サービス残業)。ただ、途中からバカらしくなって空気読まずに有給とったりするようになりましたが。

労働環境って会社や部署によって全然違うのでなかなか問題が表面化しずらいので大変ですが、会社なんかのために自分を犠牲にしてはいけないと強く思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-仕事・労働, 社会問題
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.