【悪化】この5年間で心の病で休職する人が増えたと回答した企業が半数に!有給取得率が低いほどメンタルヘルスは悪化

uyi

スポンサーリンク

http://buzzap.jp/news/20160122-workers-mental-health/
日本の職場環境の悪化が止まりません。

ブラック企業問題が大きくクローズアップされるようになりましたが、社会人の精神的な健康状態は悪化の一途を辿っていることが分かりました。

休職者が「増えている」と回答した企業の割合を有給消化率ごとに見ると、有給の平均消化率「20%未満」の企業では65.5%、「40~60%未満」の企業で48.4%、「80%以上」では39.0%となっており、有給休暇をまともに取得できない企業ほど従業員の精神的な健康状態が悪化しやすいという結果が如実に現れています。

なお、この調査対象は従業員規模1000人以上の企業のみ。下請け、孫請けなどの厳しい現実を考えると、より規模の小さな中小・零細企業での実態を含めた社会全体での働く人のメンタル面の健康状態はより厳しいものと見るべきなのかもしれません。

心の病気による休職者 半数近い企業で増加

dt110131

img_dyp_01

スポンサーリンク


以下ネットの反応。












残業(サービス)・長時間の通勤時間・アホな上司・イヤな同僚・生意気な後輩に加えて近年では非正規雇用の人が増えたことによって、非正規の人の生活が大変なだけではなく、正社員の負担が激増したことがメンタルヘルスの悪化に拍車をかけた気がします。

さらにはパート店長なんてなった日には、賃金と責任の重さがまったく釣り合わないので、すぐに仕事を辞めちゃうか心や体が荒んで行っちゃうかになっちゃうんですよね。こういった傾向は10年以上前からだと思いますが、非正規が4割に達しますます悪化しているということですよね。

職場によっても違うでしょうが、正社員として生き残っていくのも非常に難しい時代です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    しかも給料、安いしさ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑