”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【違憲決定!】首相や大臣に変わり憲法や法律について国会で答弁してきた歴代内閣法制局長官までもが戦争法案に違憲の声。

投稿日:2015/06/22/ 09:58 更新日:

tefefeggggvv

tefefeggggvvve

22日集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案をめぐる国会審議は、参考人質疑が行われ、歴代内閣で憲法解釈を担ってきた元法制局長官らも法案に対し相次いで疑問を投げかけました。

安保法案:宮崎元法制局長官「違憲」 阪田氏、掃海は枠外http://mainichi.jp/select/news/20150622k0000e010140000c.html

安全保障関連法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会は22日午前、法案について有識者の意見を聞く参考人質疑を行った。宮崎礼壹元内閣法制局長官は関連法案について「従来の憲法解釈と相いれず、憲法違反だ」と厳しく批判した。また、阪田雅裕元内閣法制局長官は法案の内容に理解を示しつつも、政府が想定する中東・ホルムズ海峡での機雷掃海は「従来の憲法解釈の枠内にはない」と強い疑問を呈した。

元法制局2長官が安保法案批判http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2015062201001498

衆院平和安全法制特別委員会は22日午前、安全保障関連法案をめぐり参考人質疑を実施し、元内閣法制局長官の宮崎礼壹、阪田雅裕両氏は集団的自衛権の行使を可能とする法案を批判した。宮崎氏は「行使容認は限定的なものも含めて憲法9条に違反しており、法案を速やかに撤回すべきだ」と明言。阪田氏は中東・ホルムズ海峡での機雷掃海はこれまでの政府見解を逸脱していると指摘した。両氏が国会で公式に発言したのは初めて。今後の法案審議に影響しそうだ。

 阪田氏は、限定的な行使容認に一定の理解を示した上で、ホルムズ海峡での機雷掃海は「従来の政府見解を明らかに逸脱している」と非難した。

安保法制めぐる国会審議、歴代法制局長官からも疑問の声

“直接対決”国会で「愚かな政策」「戦争抑止だ」(15/06/22)

tetefetefefeggggvvtefefeggtefefegggg

以下ネットの反応。

もう議論の余地はないように思いますが・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.