”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

花粉症患者はガンによる死亡率が、花粉症でない人と比べて52%低い。「世界一受けたい授業」より

投稿日:

hhgvgghhhhh

スポンサーリンク


hhgvgghhhhhff

hhgvgghhhhhffhh

hhgvgghhhhhffhhtt

hhgvgghhhhhffhhttyy


世界一受けたい授業 2016年2月6日 160206 投稿者 GeordieShore2

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

これは、まあ花粉症歴30年の僕から見てもあり得る話だと思います。

花粉症の人は花粉を「異物」とみなしてしまう過敏体質になっている・なってしまった人なのですが、そういった人の体がガンなどの悪性の「異物」に対しても免疫機能がよく(過敏に)働くというのは筋が通った話です。

ただ、花粉症の人は免疫が過剰に働いているという事は、他の免疫疾患になりやすい可能性もあります。ぜんそく・アトピーなどのアレルギー(アレルギーは体外の物質を異物とみなすものです)やクローン病・潰瘍性大腸炎・バセドウ病などの自己免疫疾患(自己免疫疾患は体内の何か・体内にたまった何かを異物とみなすものです)などですね。

アレルギーや自己免疫疾患は、戦前はほとんどなかったそうなのでそこら辺に解決のヒントはありそうな気がします。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-医療・病気関連ニュース
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.