”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【国民覚醒!】6月24日「戦争法案を廃案に」平日の夕方に3万人が国会を取り囲む。身動きできないほどの人。

投稿日:2015/06/25/ 12:23 更新日:

c85c26d58cc53b72cf17b1f859f6c53b
24日、国会で審議中の安全保障関連法案に抗議して、国会議事堂を取り囲もうという大規模な反対集会が開かれました。

「ダメなものはダメ」会期延長に怒り 3万人が国会包囲http://blogos.com/article/118732/
時間をかければ黒が白になるとでも思っているのだろうか? 日数を費やせば違憲が合憲になると考えているのだろうか?

 妄想に凝り固まった安倍首相が、戦争法制を成立させたい一心で国会の会期を大幅延長した。これに反発を強める市民3万人(主催者発表)が今夕、国会を包囲した(※)。

 元々、国会はきょう6月24日が会期末だった。会期延長で無駄に税金を使われて、戦争に巻き込まれたのではたまったものではない。怒れる市民たちが続々と詰めかけた。

「安保法案を廃案に」 3万人が国会大包囲http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015062502000140.html

集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案に反対し、廃案や撤回を求める市民や学生、学者らの抗議活動が二十四日、東京・永田町の国会周辺で相次いで行われた。市民ら三万人(主催者発表)は国会を包囲し、粘り強く戦っていくことを誓った。学生や学者もそれぞれ会見を開き、法案の違憲性を強く訴えるなど廃案を求める声が大きなうねりとなってきた。

正門前に設けられた仮ステージの周辺は身動きできないほどの人が集まり、横断幕などを掲げ、「戦争法案絶対反対」などとシュプレヒコールを繰り返した。

3万人が国会包囲「この闘いで世論は動いている」 安保法制のための会期延長に怒りの声


国会前で安保法案に“3万人”が抗議の声

「国民覚醒」反対次々に 会見、集会、国会包囲  安保法案

とめよう!戦争法案 6.24国会包囲行動 日本共産党志位委員長

戦争法案を必ず廃案に――国民的共同を広げに広げようhttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-25/2015062502_01_1.html

みなさん、こんばんは(「こんばんは」の声、拍手)。共産党の志位和夫です。きょうは、衆参議員団みんなでやってまいりました。よろしくお願いします。(「おー」の声、歓声、拍手)

 政府・与党は95日間――9月27日までの会期延長を強行しました。戦争法案を何が何でも強行するための会期延長に、私は、みなさんとともに強い怒りを込めて抗議するものです。(「おー」「よし」などの声、大きな拍手)

 同時に、会期内での衆院通過という与党の当初のシナリオを許さなかったのは重要であります。国民のたたかいが一歩、安倍政権を追い詰めたことに大いに自信と確信をもって、延長国会にのぞもうではありませんか。(「よーし」の声、拍手)
憲法違反の法案は、ただちに撤回・廃案を

 私は、二つの点を訴えたい。

 第一に、会期をいくら延長しても、戦争法案の憲法違反の本質を変えることはできないということです。(「そうだ」の声、拍手)

 国会論戦をつうじて、戦争法案が、「戦闘地域」での兵站(へいたん)を行う、戦乱が続いている地域での治安活動を行う、そして集団的自衛権の行使――日本を「海外で戦争する国」につくりかえる憲法違反の法案であることは、だれの目にも明らかとなりました。(「そうだ」の声、拍手)

 憲法審査会の参考人質疑で、3人すべての憲法学者が、憲法違反と表明しました。全国の憲法学者200人以上が憲法違反と表明しています。(「そうだ」の声、拍手)

 一昨日の安保特別委員会の参考人質疑では、元内閣法制局長官が「憲法違反」「従来の憲法解釈からの逸脱」と厳しい批判をのべました。

 会期をいくら延長しても、この史上最悪の悪法の憲法違反の本質は変えることはできません。

 憲法違反の法案の扱いはただ一つしかありません。戦争法案はただちに撤回せよ。戦争法案はただちに廃案にせよ。そのことを強く求めようではありませんか。(「そうだ」の声、大きな拍手)
国民の圧倒的世論で、採決許さぬ状況を

 第二に、与党がいかに国会で多数をもっていたとしても、国民の圧倒的多数が反対の声をあげれば、容易には採決を強行することはできないということです。(「そうだ」の声)

 いま国民世論の大激変が起こっています。どんな世論調査でも、国民の5割から6割が戦争法案に反対しています。しかも急激に反対が増えているではありませんか。「共同」の調査では、法案に反対の声が、わずか3週間で、47%から58%に、11ポイントも増えました。

 安倍首相は、「国民に丁寧に説明し、理解を得るために会期を延長した」といいましたが、審議すればするほど「反対」の声が広がっているではありませんか(「そうだ」の声、拍手)。それは、安倍政権が、国民を納得させる説明を一切できないということの証明ではありませんか。(「そうだ」の声、拍手)

 5割から6割の反対の声を、7割に、さらに8割へと圧倒的多数にし、国民の世論と運動の力で、安倍政権を羽交い締めにし、採決強行ができない、法案を撤回するしかない状況に追い込もうではありませんか。(「そうだ」の声、大きな拍手、笛の音)

 みなさん。たたかいはこれからです。戦争法案反対――この一点での国会内外の共同を広げに広げ、戦争法案を必ず葬り去ろうではありませんか。がんばりましょう。いっしょにがんばります。ありがとうございました。(歓声、大きな拍手)

gaa
9e854ee332e6f88fc4ba177056c43b031

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

TBSは「Nスタ」で生放送、東京新聞・中日新聞は一面(?)で、昨日の国会を取り囲む戦争法案反対集会の様子を取り上げたようです。NHKは申し訳程度の放送だったとか。

共同通信社の世論調査で3週間の短い期間に、安全保障法案に対する反対が47%から58%に激増したのを受けて、共産党の志位和夫委員長が言い放った「審議をすればするほど反対の声が広がっているではありませんか」の一言はお見事です。志位委員長のスピーチはわかりやすいので必見です。何とかこの人を先頭にして、野党再編とはならないものなのでしょうかね。日本の国会議員の中で一番信頼できる人のような気がします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.