”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【安倍改憲にNO】参院選後に改憲2/3議席を望まない人が多くなる。昨年12月の調査から逆転。

投稿日:2016/03/14/ 02:04 更新日:

nnbh

スポンサーリンク

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201603/CK2016031302000127.html
本社加盟の日本世論調査会が憲法に関する世論調査を実施した結果、九条改憲の「必要はない」が二〇一四年六月の前回調査より3ポイント減ったものの57%で過半数。「必要がある」の38%(前回比3ポイント増)を大きく上回った。

 憲法を「改正する必要がある」「どちらかといえば改正する必要がある」の回答を合わせた改憲派は54%(前回56%)。「改正する必要はない」「どちらかといえば改正する必要はない」の反対派は40%(前回38%)となった。

改憲派に理由を聞いたところ、61%が「憲法の条文や内容が時代に合わなくなっているから」と回答。「新たな権利や義務などを盛り込む必要があるから」が二番手だった。改憲で議論すべき対象(二つまで回答)を聞くと「憲法九条と自衛隊」が52%で首位。「知る権利・プライバシー保護」が23%で続いた。

http://www.asahi.com/articles/ASJ3G31TRJ3GUTFK001.html?iref=comtop_6_02
安倍晋三首相は14日午前の参院予算委員会で、憲法改正について「必要な改正は行うべきものと考えている」と答弁し、強い意欲を改めて示した。「今後とも公約に掲げて訴えていく」とも述べ、夏の参院選で自民党の公約に掲げる方針も示した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

9条はそのままがいいけど(57%で過半数)、憲法のどこかは変えた方がいい(改憲派は54%)、でも安倍ちゃんと一緒の改憲はイヤよ(国会発議に必要な三分の二の議席に「達しない方がよい」は47%)という感じでしょうか。

61%が「憲法の条文や内容が時代に合わなくなっているから」と回答。

世界で最新と米国法律学者たちは言っています。

「新たな権利や義務などを盛り込む必要があるから」が二番手だった。「知る権利・プライバシー保護」が23%で続いた。

この辺の回答をしている人は、自民党の憲法改正草案を読むことをオススメします。「国民から権利を奪う」という1点に絞ったのが「自民党憲法改正草案」です。「改憲」すれば「改善」されると考えがちですが、「改悪」されることも十分あるわけですから熟慮が必要です。

小西議員の言ってることは明確ですよね。安倍総理は何を「改憲!改憲!」と騒いでいるんでしょうかね。本来なら具体的にどういった問題があるのか?それで、何条のどこを変えるのか?を示す必要がありますよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.