”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【誰がテレビを殺すのか】 第1回往年の名アナウンサー露木茂氏「かつては外部からのキャスターへの圧力は局全体ではねのけた」

投稿日:

live21_1501

スポンサーリンク

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/177736/2

本番の前にはもちろん、僕、スタッフ、それに番組責任者も含めて編集会議を開き、どのニュースをどんな順番で取り上げるかを綿密に決めていきます。もちろん、僕のコメント内容も。そこで僕が曖昧な発言をすると、責任者から「そこはもっと厳しく」とか、逆にあまり突っ込み過ぎると「もうちょっと別の表現で」といった注文がつく。こうして、本番に入っていくので、放送後、仮に僕のコメントに問題があったとしても、それは番組全体の責任です。

当時の上層部には「外部からのキャスターへの圧力は局全体ではねのける」という、テレビ人としての姿勢があったと思うんです。ところが今はキャスター個人の発言として問題視されることが多くなった。キャスターの個性に依存し過ぎているのかもしれません。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

いやー懐かしいですね、露木さん。十数年ぶりにお顔を拝見しましたが、まだテレビとかにも出ていらっしゃるんですかね?

キャスターの個性に依存し過ぎているのかもしれません。

酸いも甘いも噛み分けた露木さんの言葉だから、説得力がありますね。昔と比べてテレビ局がキャスターの後ろに隠れてるという事ですね・・

ということは・・やっぱりテレビ局がびびっとる、キャスターに責任を押し付けとるということじゃないですか!ホントにテレビ局は最低ですね!

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.