”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【やめちくり~】講師小林よしのり「自民党リベラル派勉強会」自民党執行部が安保法制に影響するからと圧力をかけて中止。

投稿日:2015/06/28/ 09:12 更新日:

img_0
自民党は安倍総理に近い集団である「文化芸術懇話会」は百田尚樹氏を招いて開催したが、小林よしのり氏を講師として開かれる予定だった自民党リベラル派の勉強会は執行部の圧力により中止させました。安保法制に影響するからという理由のようです。


スポンサーリンク

小林よしのり氏「ああ、負けたんだなと」 勉強会中止http://www.asahi.com/articles/ASH6T4RNHH6TUTFK00F.html
25日の「過去を学び『分厚い保守政治』を目指す若手議員の会」で講演予定だった小林よしのり氏が、朝日新聞の取材に語った内容は以下の通り。

 勉強会の中止については「国会が空転しているから」という説明があっただけだ。その理由ならば、なぜ安倍首相シンパの会合は(同じ日に)できて、リベラル派の会合は開けないのか。「ああ、負けたんだな」と思う。小選挙区制によって、執行部の抵抗勢力になるのが怖くなったのでしょう。自民は全体主義になっている。

記事 小林よしのり 2015年06月27日 18:56 権力に驕り、議論から逃げる自民党http://blogos.com/article/119250/

自民党執行部は、わしが呼ばれていた自民党リベラル派の勉強会を、安保法制に影響するからと圧力をかけて中止させ、同日が初会合だった安倍応援団の勉強会は許可した。

安倍応援団は百田尚樹を呼んでおり、「沖縄の二つの新聞社は潰さなあかん」「基地の地主は大金持ちで六本木ヒルズに住んでいる」「米兵のレイプより沖縄人のレイプの方が多い」等々でたらめな百田の発言に賛意を示して盛り上がり、大西英男議員は「マスコミを懲らしめるには広告料収入を断て」などと発言し、マスコミの言論統制について全員でとことん野蛮に勉強(?)し合った。

彼らの知性の劣化は底知れぬ様相を呈している。

安倍応援団の妄言勉強会は、見事に首相の背後から銃撃を浴びせ、この勉強会の代表・木原稔青年局長は更迭されることになった。

今後この勉強会は馬鹿の巣窟としか見られなくなるだろう。

一方、宏池会系の勉強会も、執行部の圧力に屈して、小林よしのりを呼べなかったヘタレ・リベラルと見られ、負い目を感じながらやっていくしかなかろう。

昨夜の「朝まで生テレビ」には、出演を承諾していた自公の若手政治家は全員キャンセルしていた。

ここにも自民党執行部の「出演自粛圧力」があったという。

安保法制を国民に説明する絶好の機会から、逃げまくる自民党。

自民党にも公明党にも、自信を持って安保法制を説明できる議員など、一人もいないのだ!

国民への説明が不可能な法案を、強行採決してしまうことが出来るのか?

権力を握る快感に酔いしれ、言論封殺を願望し、議論を避けまくる自民党に対して、もっとデカイ天罰を、国民が下す時が来るだろう。



スポンサーリンク


以下ネットの反応。

小林よしのりがリベラル派の講師で、しかもその講師依頼を断るほどの極右自民党。よしりんの本を読んだ時は、そんな未来にはならないと思ってたけど、それを超えそうな勢いの現実。
ccdcdcd
よしりんを全否定するわけじゃないけど(おぼっちゃまくんは大傑作だと思ってますから)、よしりんの漫画が上の人のようなネトウヨを生み出した原因の一つというのは間違いないんですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-, , , ,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.