”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【何様?】大西英男衆院議員また報道機関に圧力発言「懲らしめようという気はあるんですよ」Qあるんですね?「あるんです 一部マスコミです」

投稿日:2015/06/30/ 06:54 更新日:

bxwwwwwwqqggg
自民党の大西英男衆院議員は6月30日、安保関連法案に批判的な報道機関について、「懲らしめなければいけないんじゃないか」と語ったほか、「誤った報道をするようなマスコミに対して広告は自粛すべきじゃないか」と述べました。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/30/onishi-again_n_7693646.html?utm_hp_ref=japan

大西議員は25日に行われた自民党の若手議員らによる勉強会「文化芸術懇話会」で、「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番」と発言。報道と言論の自由を軽視しているとし、党から厳重注意処分を受けていた。

大西議員は自らのFacebookページでも、「もとより、報道の自由、表現の自由は民主主義の根幹であり、仮にも言論が規制されるようなことが断じてあってはなりません」とし、「更に発言には慎重を期していきたいと思っております」と綴っている。

スポンサーリンク

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015063000765
常にマスコミの皆さんは(発言を)つまみ食いする。都合のいいところだけ編集し、全く本人の意図と違うような報道が極めて多い。私は政治家や党が財界に圧力をかけて、マスコミを懲らしめろなんてことは一言も言ってない。
 例えば朝日新聞の従軍慰安婦の捏造(ねつぞう)記事。安全保障法制について全く事実無根の、戦争に導く、あるいは徴兵制(に移行するかのような報道)。全く関係ないじゃないか、日本が戦争に巻き込まれないための抑止力を高めようとしているのに。そう(批判的に)報道している一部マスコミがある。こういうことを懲らしめなければいけないんじゃないか。マスコミのやりたい放題じゃないか。何かいいお知恵はありませんか、と百田(尚樹)先生にお尋ねした、勉強会の中で。
 自由主義世界、資本主義社会で、広告料をなくすなんてことができるのか。広告を出す企業は、自らの信念と良識に基づいて選択をしなさいというのが私の気持ちだ。日本の国を過つような、誤った報道をするようなマスコミに対して、広告なんかは自粛すべきじゃないかなと個人的には思う。
 だけど、政治家として、政治権力を使うとか、政党の力でそういうことをやるというのは民主主義の根底を揺るがすことだ。言論の自由や表現の自由というのは民主主義の根幹だ。
 (先の勉強会での「マスコミを懲らしめる」との発言を)野党が党利党略に使っている。われわれが主張しても野党の堅い石頭には通じないだろう。問題があったとは思わない。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150630/k10010133371000.html
二階総務会長「置かれている立場考えるべき」
自民党の二階総務会長は、総理大臣官邸で記者団に対し、「自分の置かれている立場を、よく考えるべきだ。みんな我慢して彼らの行動を見守っているのだから、言いたい放題を言って、歩いたらよいというものではない」と述べ、批判しました。

民主 枝野幹事長「自民の対応厳しく見守る」
民主党の枝野幹事長は、国会内で記者団に対し、「一連の発言がなぜ多くの人から批判され、不信を持たれたのかという、問題の本質を全く理解していないことが改めて確認された。少なくとも『マスコミを懲らしめる』ということばは、多くの人が、相当な違和感を覚えるのではないか。自民党総裁である安倍総理大臣をはじめ、自民党がどう対応するのか、厳しく見守りたい」と述べました。

厳重注意処分受けた自民・大西議員、持論を展開


「報道圧力」問題、与野党問わず強い批判

bxbxwwbxwwwwbxwwwwwwbxwwwwwwqq
bxwwwwwwqqggghhbxwwwwwwqqggghhqq

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ネトウヨが大西議員の発言に乗っかって「朝日をつぶせ」とかバカなことを言っていますが、この大西議員の発言の問題点は「朝日が偽造したか、してないか」なんていうところに焦点はありません。そんなこともわからないのに、公の空間で発言するのですから、ネトウヨは始末が悪いです。

で、当然ながらマスコミも含めて日本では憲法で「表現の自由」が保障されています。なのに、なんで一国会議員が「懲らしめる」とかいう発言ができるのか、問題はそこにあります。さすが、憲法を平気で踏みにじろうとする自民党議員の面目躍如ということでしょうか。

そして、その発言が問題になっているこの状況で火に油を注ぐような言い回しでの発言。自民党の二階総務会長の「自分の置かれている立場を、よく考えるべきだ。みんな我慢して彼らの行動を見守っているのだから、言いたい放題を言って、歩いたらよいというものではない」と言う言葉が全てを表しているのではないでしょうか。

さらに、政策決定権を持つ圧倒的多数の与党の国会議員という立場から、「広告は自粛すべき」と言う発言が出たら、当然ながら自粛する広告主も出るでしょう。「個人的には思う」と言う言葉を何度も使っていますが、どこの場所で誰に対して話しているのかわかっているのでしょうか?もう、個人的な発言がしたいならさっさとやめて欲しいものです。

この大西議員と言うのは、本当にオツムがやばいですね。自分がどういった立場にいて、自分の発言がどういう影響を及ぼすものかということを全く理解していません。「僕のブログを読んでください」とか言ってたらしいですが、それなら大人しくブロガーやってろという話です。

まあ今回の騒動が、狙いに狙って安倍総理を背中から撃っているのなら、国民の代弁者・救世主と言えるのかも知れませんが・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-, , ,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.