【必見】そもそも総研「原発事故汚染土 全国の公共事業で再利用して大丈夫?」(20分)

公開日: : 原発・放射能

ClniW29XEAADhJb


『放射能汚染土 再利用して大丈夫?』 そもそも総研 投稿者 changekey

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

20分と長いですが見始めれば引き込まれます。やっぱ汚染土を全国の公共事業で使うなんてどう考えてもあり得ない決定です。

汚染物質は1カ所に固めておき、近辺にお住まいの方には東電が十分すぎるほどの補償をして汚染されていない地域に住んでいただくしか道はありません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    昨日、録画したけど、まだ見ていない。
    ミスターKのまとめのとおり、汚染土は

    > 汚染物質は1カ所に固めておき、近辺にお住まいの方には東電が十分すぎるほどの補償をして汚染されていない地域に住んでいただくしか道はありません。

    そう処理すべきです。
    東京新聞「こちら特報部」にも、双葉町の人の声、
    「汚染土は我々のところに置き場を作って置いておくしかない。それが今まで原発の補助金を貰ってきた町の責任の取り方だろう。悲しいけど。」
    という話が紹介されていました。
    どのみちあの辺で暮らすのは無理なのです。
    早く補償をして移住決定してもらった方が、住民にとっても良いと思います。

  2. 匿名 より:

    「そもそも、ウンコを食べて大丈夫なの?」
    レベルの問いが悲しい。

    ダメに決まってんだろう!!

    でも、それが実行されてしまうのが、今の日本。

  3. yamanokami より:

    環境省のやろうとしている事とは思えない。全く反対だ。これ以上汚染地域を拡大する行為は、許されない。
    しかし、皆さんが受け入れ難いような環境の中で、多くの福島県民は不安を抱えながら生活せざるをえないし、「美しい国」とか言ってるこの政権は、補償を打ち切って、もっと過酷な環境の所まで、住民を返してしまおうとしている事を、県外の人達も同じ日本人として、考えてもらいたい。
    近所にも、大規模な復興支援住宅がようやく完成する。間もなく多くの被害者の方たちが、不自由な仮説住宅から脱出してこられるだろう。
    しかし、この先何年ここに住む事になるのだろうか?
    私も除染しても住めない高汚染地域は、早く判断して、手厚い補償で、新しい生活を始められるようしてもらいたいと思う。
    宙ぶらりんのままで、不安定な避難生活を何年も続けさせているのは、あまりにも無責任で、残酷だ。

  4. 匿名 より:

    大丈夫なわけねえだろアホが!!
    どうしても使いたいなら国会とか霞が関で使えよ
    汚染された土で政治家や官僚のビルを建てろ

  5. なな より:

    日本中どこを探しても水害も地震もない所はない。
    福島だけには負担を押し付けられない。

    東電の原発の電気を一番使っていたところは東京。
    東京オリンピックの公共事業に使いましょう。

    ところで、役人が言っていた専門家の方って誰?
    プルトニウム、飲んでも大丈夫のアノ人とか?誰だか教えて。

  6. みるみる より:

    環境省の原発汚染土再利用賛成方々の家の土を原発汚染土を庭などに敷き詰め芝生など敷き詰め生活できるのか??? 全国に汚染土を拡散させ後々の放射能での健康被害の誤魔化しや被害が東日本のみならず全国に健康被害があると言いたいのでしょうね。もうすでに全国に放射能汚染土が拡散されていると思います。
    国が将来の予想できない国民の健康保障逃れだ‼!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑