【TPP反対派必見】TPP賛成派の上杉隆&古賀茂明のテレビでは絶対に聞けないお話。「続・週刊リテラシー」(動画1時間)

公開日: : 政治経済 ,

cyj5fyqviaaangu

TPP絶対反対派の僕が心揺らぎました(笑)。国会議員やメディアもこんな説明してくれれば、心変わりするかも知れないのに。非常に面白かったです。

上杉隆の「続・週刊リテラシー」#8 ゲスト:古賀茂明

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    う~ん??古賀氏も色々追い詰められて方針転換した可能性もあるかもよ?

    ISD条項がある以上、TPPは絶対やってはいけない

  2. 匿名 より:

    ネトウヨは愛国(笑)の為、よく、妄想サヨク(一般人)と戦っているが・・・・
    「古賀茂明」
    ↑これがホントの左翼だよ(笑)

    だから、ホントの左翼の古賀も事実を変化して報道している。
    TVに出てくる、御用評論家と同じですね。
    ISDSは、投資する方を守る条約。
    TPPは、企業が国に投資をするので、守られるのは投資家と言うことになる。
    古賀が言ってる様に法は、変えなくていいが、変えないとまた損害賠償を要求される。
    だから、国は法を変えなくいいが、変えないといけない状況になってくる。
    これは、TPP交渉した日本政府が出してきた資料に明記してある。

    だから、動画の中で古賀が言ってる事には、矛盾が生じている。
    古賀は、明らかにウソを言ってます。
    さすが、本物サヨク(笑)、ウヨ、サヨ、どっちも売国なのは常識ですね。

  3. 匿名 より:

    TPPだと途上国から(多分)カネを吸い上げられるが、
    米日FTAだと、アメリカに一方的に譲歩させられるだけなのではないだろうか。
    すると、アテがはずれた財界は、安倍に詰腹切らさせるのでは?
    浜田宏一もアベノミクスの失敗を認めた(ホントは、国民を貧しくして貧富の差を広げるためのアベノミクスだから、成功なのだが)。
    泥舟から逃げ出すネズミか。
    そろそろ安倍、終了?

  4. Mespesado より:

     古賀さんの主張って、常に企業(=資本)の立場ばかり。
     生活者の立場(農産物の安全性、健康保険の維持など)がすっぽり抜けている。
     資本対生活者の問題であって、国対国の問題じゃないのに・・・・。
     中国の脅威をダシにしてTPPしないと大変だぞ~って洗脳しようとしてる感じ。
     アメリカのいいなりの話だって、実際そうなった例があるじゃないですか(BSE検査の問題とか)。
     ただ、生活者も生活を企業に勤める勤め人の給料に依存しているため、企業の立場に従わざるを得ない、っていう構造がありますよね。
     要するに全国民が資本に支配されてるっていうこと。
     で、資本のために生活が犠牲になるっていうのは、日本国内で(実は世界レベルで)供給が需要に追いついたにもかかわらず、供給不足の時代(高度成長ってポジティブに思うけど実は供給不足の時代であって、供給不足が解消しつつある段階のことなんですよね)の経済ルールを変えようとしないからですよね。
     TPPを推進するより、企業ががんばると生活者としての立場もハッピーになるように経済のルールを根本から変更するような議論をする方が先じゃないですかね。

  5. 匿名 より:

    最悪か極悪かどちらかを選べ

    としか言われない事象が増えたなと感じる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑