【ASKA逮捕には気をつけろ!】「年金カット法案強行採決隠しにASKA逮捕」説がネットで急浮上!

公開日: : 最終更新日:2016/11/30 政治経済, 社会問題 ,

cyu4aphveaaiwsx

スポンサーリンク


以下ネットの反応。















ドン・ピシャ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    年金法案自体がスピンでしょ
    今急ぐ理由がない

  2. 匿名 より:

    年金カット法案もひどいけど、週刊新潮がアホアベTPP狂行突破の援護をしている。新潮をさらにさらに軽蔑します。「今後トランプが翻意してよりアメリカに有利な交渉に持ち込もうと企てているから、今批准しておかないと日本はもっと不利な条件をつきつけられる」そうだ。
    あほか。日本国会が凶行批准すると、現在の条件が最低条件になりもっとひどい二国間協議を迫られることになるってのは、常識だろうに。

    どちらにしても、国民の産業、生活にもろに影響する法案を黒塗り資料で通すのは犯罪です。

  3. 匿名 より:

    隠したかったのは70歳以上の医療費負担増加のほうだと思う。

  4. 匿名 より:

    けふのワイドショー、飛鳥と小池のみ。
    ばっかじゃねーの?
    気付く者は気付いている。
    しかし、気付いていない者をどうするか?
    まあ国民総ビンボーで主婦もパートに出ざるを得なくなり、テレビに貼り付いている老人たちも順繰りにあの世行きになると、もうテレビを見る者もいなくなるわけだ。
    オワコン・テレビの悪あがきなのか。

  5. ロコモ より:

    見出しの画像がCDジャケットみたいでなんとなくいい。
    今後本人が音楽活動を再開する可能性は低いだろうけど。

  6. 匿名 より:

    本当にテレビにはウンザリする。どうでもいいニュースばかりにフォーカスして!
    韓国のことより、薬物のことより、他に伝えることあるでしょう⁉︎

  7. 匿名 より:

    優先順位に工夫も何も無い、
    国民愚弄のあからさまな重要項目後回し意図と
    そのメディア全体の共謀事例。
    公共伝播の私物化のよくよく実感できる視聴者をなめた謀りごと。
    つまり、ばればれいかさまの厚顔なゴリ押しということだ。腐敗権力側の常套手段と基本姿勢。

    これ、ひとつの事件として良い。
    十分な事件性ありだ。
    日本国家権力腐敗時代の腐った報道の典型事例として、先々の教科書に掲載されるレベル。

    勿論、腐敗権力買収感染・検察・公安・警察・司法は、自分らの犯罪を糾弾するなどあり得ない。
    彼等の、脱出不可能自業自得・国民陥れ国家犯罪の失敗と犯罪露見致命的修正不能という苦境が見える。
    日本国家権力主導犯罪暗黒腐敗悪魔法による日本国独裁体制支配は、主犯者等が泥沼歩行中の様子。

    ★国民には無関係の「特定権益者ども」の勝手な「公的権力の私物化」という正体だが、どこまで思い上がるつもりなのか?

  8. 匿名 より:

    日本の警察自身が情報操作する工作員に成り切っているのですね。

  9. 匿名 より:

    シャブやっただけで安倍の手先扱いされた男

  10. holo より:

    飛鳥が自分で盗聴されていると電話して、尿検査したら出たので逮捕されただけ。薬物関係では良くある話。これを陰謀があるなどという者は飛鳥と同じ妄想者。薬で頭をやられているのか?

    • 匿名 より:

      テレビが飛鳥と小池一色(二色?)になっていることが問題だ。
      飛鳥なんかより、国会中継やれ!!

  11. 匿名 より:

    薬物の人々には大勢で詰め寄るが権力者たちには不正も追求しない変なマスコミ

  12. みの より:

    とりあえず健康情報が全く書かれてないけどタイトル変えてくれないでしょうか?紛らわしいです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑