”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【最悪最低】年金カット法&カジノ法が民進党の裏切りで可決・成立!民進・野田幹事長は対応を謝罪

投稿日:2016/12/15/ 09:33 更新日:

tt

ttrr

ttrrrr
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2937989.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000085-asahi-pol
カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」が14日夜の参院本会議で可決された。参院で修正が加わったため、再び衆院に送られ、15日未明の衆院本会議で可決、成立した。いずれも、自民党や日本維新の会の賛成多数だった。年金制度改革法案は14日の参院本会議で与党や維新の賛成多数で可決、成立した。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121300809&g=pol
国会最終盤で焦点となった年金制度改革法案とカジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法案をめぐり、「廃案に追い込む」と意気込んでいた民進党が突然、柔軟姿勢に転じた。年金法案の採決に応じるとともに、カジノ法案では、修正した上で採決するとの自民党提案を容認。与党側が野党の出方次第で今国会会期の再延長をちらつかせたことで、衆院解散を恐れた民進党の腰が引けた格好だ。

会期末を翌日に控えた13日になって突如、民進党が自民党と採決日程で合意した背景には、選挙準備不足から衆院解散を回避したいとの「本音」をのぞかせたとの見方もある。実際、12日の執行役員会で幹部の1人が「再延長は解散の呼び水となる」と、徹底抗戦路線に慎重論を唱えた。

http://www.asahi.com/articles/ASJDG34YYJDGUTFK005.html
民進党の野田佳彦幹事長は14日昼の共産、自由、社民との幹事長・書記局長会談で、「カジノ解禁法案」をめぐり、13日に自民党の修正案を評価して参院内閣委員会での採決を一転して容認したことについて「各党と意思疎通しないままで、おわびしたい」と謝罪した。

 3党は会談で、民進の対応を強く批判した。共産の小池晃書記局長は「全く理解できない。参院で戦い抜くことが最も効果的だったのに、非常に遺憾だ」と抗議。社民党で参院議員の又市征治幹事長も「寝耳に水の対応だった。緊密な連携がないと、信頼を損なうだけだ」と批判した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000060-san-pol
安倍晋三首相(自民党総裁)は、来年1月の衆院解散を見送る方針を固めた。各種情勢調査の結果を分析した結果、現状で衆院選を実施すれば、自民、公明両党で3分の2超を有する現有議席を割り込む公算が大きく、衆院任期2年弱を残して勝負を打つメリットはないと判断した。来夏は東京都議選が予定されているため、次期衆院選は来秋以降にずれ込む見通し。

も~民進党は無理でしょうなぁ。このまま野党共闘進めても、土壇場で裏切りそうですもんね。そして、また与党が圧勝と。野田幹事長が勝手に自民・二階幹事長と飯食いに行ったり、「徹底抗戦」と蓮舫代表が言っているのに、あっさり参院で妥協したりと、もう党内ムチャクチャですもんね。

代表交代か、せめて幹事長交代しなければ、他の野党や市民は一ミリもこの集団を信頼できないでしょう。

解散ないなんて記事が産経から出ましたが、かなり怪しいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.