【怖すぎ】「水曜日のカンパネラ」のケンモチヒデフミさんがテキサスで骨折し医療費2千万円を請求され破産寸前!

main

水曜日のカンパネラ
水曜日のカンパネラ(すいようびのカンパネラ)は、日本の音楽ユニット[1]。2012年結成、YouTubeでデビューした。

ケンモチヒデフミ – 作曲・編曲
1981年8月2日(35歳)生まれ。本名・釼持英郁。読みは同じ。元Hydeout Productions。ほとんどの曲を手掛けるトラックメイカー[19][20]。結成以降長らく大阪で活動し、他メンバーとはSkypeでやりとりを行っていたが、2015年10月より神奈川県在住[21]。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。








【目指せ!100万いいね!】東野・ほんこん・薬丸が激怒!「TPPは日本の法律よりは上だがアメリカの法律よりは下」「TPPで盲腸の手術が700万に」関西ローカル番組”教えて!ニュースライブ正義のミカタ”(20分)

「盲腸の手術700万」を超える話が、著名人の実体験として出てきました。「日本は大丈夫」「私には関係ない」みたいなお花畑的思考に喝!!

水曜日のカンパネラ『アラジン』

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    海外旅行保険に入ってなかったのかな?
    アメリカ人は家族で医療保険に入って月10万は支払う、と聞いている。
    しかも使える病院はどことどこ、受けられる治療はこれとあれ、みたいな制約が多くて、不便極まりないそうだ。
    日本のように健康保険証1枚で全国どこでも3割受療でき、しかも年々改変され、治療法も高度で新しいものが取り入れられていく、世界で羨まれる、本当に国民の宝なのに、それを投げ捨てようとしている自民党と安倍一派。

    ネトウヨちん、あんただって、たまには医者に掛かるだろ。親は高齢で医者通いが日課なんじゃね w
    この件について、ご感想、いかが?

    • 匿名 より:

      単にこの人が間抜けだった、としか思いませんが。

      • 匿名 より:

        安倍が企むTPPや日米FTAの健康保険制度介入、骨抜きに対し、擁護のしようがないので、↑と答えて誤魔化すウヨちんでした www

  2. 名無しのK-POPファン より:

    海外に行くときは必ず海外旅行保険に入らなければいけません。
    カードについていたりしますがその場合も内容をよく知り、請求方法も知っておく必要があります。カードの保障内容はかなり低かったりするので注意です。今回もそうですが海外の治療費はものすごく高く、500万程度では全く安心できません。皆様におかれましてもどうぞ気を付けてください。
    保険を掛けたい場合は最近は各社ネットで簡単に加入手続きができますので利用したらいいと思います。

    あとこれを見ると日本の国による皆保険制度は素晴らしいと思うのでどうにかこれからも続いてほしいですね。

  3. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    米国の医療・保険に関し、あくまでも聞いた話ですが、「極めて高額な保険費用」を払っていない場合、患者の容態を見て医師がどの様に治療方針を決めようとも、「保険会社が標準的だと定めている治療方法」と一致しない場合は、一銭も保険会社は支払いをせず、その病院ごと保険会社の認める治療機関リストから外されるそうです。

    米国の「保険会社は株式会社」で、営利追及を目的とし、かつて日本でも問題視された保険金不払いは半ば当然の行為でしょうし、医療機関に支払う適切な治療も保険会社の利益が最大化する治療に限定されているそうです。

    米国の破産者の8割程度は「医療破産」で、貧乏人は病気や怪我をしても治療が受けられず、苦悶の末に死んで行くそうで、破産後はホームレスになり「投資の対象として優良」だと言う刑務所に入れられ様々な物を買わされて低賃金長時間労働させられた挙句短期間で死亡すると言われます。

    「TPP」が米国の反対で頓挫する事は明白になった訳ですが、日米FTAなどが決まると「営利追求が禁止」されてきた医療施設は株式会社化し、かつて「非営利組織の相互会社」として存在していた保険会社が株式会社化された後の様に、米国並みの「医療費高騰」を招き、さらに国内で使用・販売される「外国メーカー製薬剤」は政府が薬価を決定できなくなり高騰します。

    さらに「国民皆保険制度」の下、医療機関を受診し治療を受けても低額ですんで来ましたが、全額が自己負担となる「混合診療」解禁と共に保険適用外の治療が増加し、国民皆保険制度が崩壊します。

    これらは、「国際金融資本」が日本の医療市場に眼をつけ圧力を掛けて来たのも事実ですが、厚生労働省がグリーンピアなどの施設などに「保険金の資金」を横流しをして天下り先を作り、少子高齢化が進めば保険金負担者が減少し経営が困難になる事を知りながら具体的な対策を採らずに放置し続けた自民党政府と厚生官僚による「犯罪的不作為」を隠蔽・糊塗する為の措置でもあります。

    日米FTAなどは、米韓FTAを見ればわかる様に、米国企業に不利が無い様に「韓国国内法は60以上も変更」された上に、地下鉄・水道などの「公共企業料金が値上げ」され、米国産牛肉輸入のために畜産農家が激減するなど、韓国の「国家主権は実質的に喪失」し、当然ながら民主主義も奪われています。

    これで「日本をトリモロス」とか、「美しい国」などと意味の無いスローガンを掲げ、米国の意のままに「国家主権」も差し出し、全く効果が出ない3本の矢を打ち続けて「道半ば」と誤魔化し、4年前の「ナイ・アーミテージリポート」を忠実に着実に実行しようとする「米国に対して」とは異なり、国民に対して公約した事さえ「新しい判断」と述べて簡単に反故にする「隷米・従米の政権・総理」は不要です。

    この隷米・従米姿勢は、単に「総理の座を守りたい」と言う個人的欲望に他ならず、あまりにも国民を馬鹿にしています。

  4. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    米国の医療などの闇の深さ・強欲資本主義は、堤未果氏の「貧困大国アメリカ」のシリーズを読むと良く理解出来る物と思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑