”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【日本ヤバイ】伝説の投資家ジム・ロジャース氏が日本を心配「私が10歳の日本人なら、ただちにこの国を去る」

投稿日:

00b4df8cc14916b65873e005c294de45

「私が10歳の日本人なら、ただちにこの国を去るでしょう」ジム・ロジャーズが語る!

もちろん、日本は基本的に外国人や移民が好きではない、と言えるでしょう。そしていまの日本はとても深刻な問題に直面しています。人口は近年で最低となり、債務は跳ね上がるように増えました。もし私が10歳の日本人だったら、ただちにこの国から去るでしょう。

あと40年もすれば、この国は破綻し、負債を返済する人も圧倒的少数となるでしょう。私にとって日本はとても大好きな国の1つなので、とても残念でなりません。私はスシをどこで食べればいいんだ……。

50年後、破産して誰もいなくなった国。とても悲しい結末です。しかし、これは歴史において繰り返されてきたことでもあります。

扉を閉ざした国は、急降下する。先例はたくさんあるのに、人々は国を自分たちだけのものにしたがるのです。

歴史から得られる教訓の1つは、「人々は歴史から学べない」ということなのでしょう。たとえ、この教訓をわかっていたとしても、「今回は違う」と思い込むのです。

日本に話を戻しましょう。私は日本のことは本当に大好きですが、データを見れば破綻が迫っているのは一目瞭然です。出生率は下がり、人口は減り、債務は増えている。これは私の個人的意見ではありません。事実として、統計が指し示しているのです。

日本の2016年の株式市場は26年前に比べると50%以上も下落しています。ほかにも同じような傾向の国はありましたが、みな回復しています。

ではどれくらいもつのでしょうか。当分はどうにかなるでしょう。しかし、いまの安倍晋三政権の経済政策は心配です。

安倍首相は円安に誘導すると言っています。しかし、国の経済を長いスパンで見たとき、それが良い影響をもたらしたことはありません。短期的には良い結果が出るかもしれませんが、借金がさらに増えることになるからです。すでに膨大な借金が積み重なっているのに、どうするのでしょうか。

さらに、安倍首相は移民も受け入れないと言っています。日本が移民を望まない、というのも1つの考え方でしょう。ですが、それなら日本人は子供を産まなければいけません。

子供も産まず、移民も受け入れないとなれば、人口は減り、債務は増えるばかり。いったい将来の日本では、誰が働いて債務を返すのですか?

日本にも素晴らしい人がたくさんいます。本当に賢くて若い人たちは、いま去りつつあるのかもしれませんが。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

日本の2016年の株式市場は26年前に比べると50%以上も下落しています。ほかにも同じような傾向の国はありましたが、みな回復しています。

子供も産まず、移民も受け入れないとなれば、人口は減り、債務は増えるばかり。いったい将来の日本では、誰が働いて債務を返すのですか?

本当に賢くて若い人たちは、いま去りつつあるのかもしれませんが。

重箱の隅から見つけ出して「日本スゴイ」なんて言ってる場合じゃありません。冷静に状況見れば「日本ヤバイ」以外に言葉は出てこないはずです。

外国の人に来てもらったら、もちろん問題も起こるでしょうが来てもらわなければどうしようもありません(少子化対策もやらないし)。しかも、この前読んだ本には、日本にはもう外国の人も来たくない(低賃金・奴隷労働)って書いてありました。

若い(賢い)人はいつでも日本を去ることができる準備をしておくべきです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.