【共感】オリバー・ストーン監督「トランプ大統領もあながち悪くない」「ヒラリー氏が勝っていたら第3次大戦の可能性さえあった」

rruu

rruutt

rruuttrr

rruuttrrrr

rruuttrrrrww

rruuttrrrrwwww

rruuttrrrrwwwwee

「トランプ大統領、悪くない」 オリバー・ストーン監督
過激な言動で物議を醸すドナルド・トランプ氏が超大国のトップに就いた。政権批判の映画を世に出し続けてきた米アカデミー賞監督が「トランプ大統領もあながち悪くない」と意外な「評価」をしている。かつてはトランプ氏に手厳しい発言もしていたオリバー・ストーン監督に、真意を聞いた。

 「ヒラリー・クリントン氏が勝っていれば危険だったと感じていました。彼女は本来の意味でのリベラルではないのです。米国による新世界秩序を欲し、そのためには他国の体制を変えるのがよいと信じていると思います。ロシアを敵視し、非常に攻撃的。彼女が大統領になっていたら世界中で戦争や爆撃が増え、軍事費の浪費に陥っていたでしょう。第3次大戦の可能性さえあったと考えます」

「トランプ氏はまともではないことも言います。かつてないくらいに雇用を増やすなんて、どうやって成し遂げられるのか私にはわからない。だがものすごい誇張だとしても、そこからよい部分を見いださねばなりません。少なくとも米国には新鮮なスタイルです」

 「彼は、イラク戦争は膨大な資産の無駄だった、と明確に語っています。正しい意見です。第2次大戦以降すべての戦争がそうです。ベトナム戦争はとてつもない無駄でした。けれども、明らかに大手メディアはトランプ氏を妨害したがっており、これには反対します。トランプ氏がプラスの変化を起こせるように応援しようじゃありませんか」

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

トランプ⇒マトリックス終了「既存政治の腐敗(大企業&マスメディアと癒着)暴露、マスメディアの嘘(政治家&大企業と癒着)暴露、戦争回避(願望含む)」

ヒラリー⇒今まで通りマトリックス「民主党(既存政治)最高!マスメディアは信用できる!正義の戦争!」

オリバー・ストーン監督の考え方は非常に僕の考えたかに近いです。トランプもヒラリーも最悪ですが、もしヒラリーだったら「口だけオバマきらきら路線」が継続、加速して、嘘に満ち溢れたまま、市民もさほど抵抗せずに、ヤバい方向に進んで行ったと思ってます。

僕は右・左関係なく、どんな意見を持っていても「政治を監視してヤバいことをしないようにする」のが一番大切だと思ってますので、議論が活発になった、政治に関心が高まったという面は良かったのではないでしょうか。

まあ、日本は非常にヤバくなりそうと感じていますが・・

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    マイナス評価をプラマイゼロにしただけ。

  2. 匿名 より:

     米国は、深すぎる、沈むばかりの、泥沼からは、50年単位でも、這い上がれないだろう。難しすぎるだろう。トランプだって、すぐに悪役に変貌だ。
     無理なんだよ。1~2京円の債務?戦争でちゃら~ と図に乗ったNWO一石多鳥~ ロシアを先頭に、いいかげんにせ~いの全世界のまともかつ敏感かつ賢い人間達の抵抗開始~
     $=ロンドンシテイの通貨発行権プライベードバンクの米国支店FRB発行の本質が、世界経済寄生独善利益収奪システムの通貨の悪魔法のしくみの申し子。
    「払えなかったら、内蔵売れ!娘を風俗に売れ!マグロ漁船に乗れ!」の冷酷ユダヤ法のこと。
    てめえ達の冷酷、心臓切り取れ~ユダヤ人シャイロック悪魔法。それが今は、NWOプラン頓挫・失敗のおかげで、今度は、同じ冷酷ユダヤ法が、自分たちの首を締め付けている笑い話みたいな図。
     しかし、勿論、自分たちの処分には、甘いというか、おとがめゼロ。その、債務補填の先は→藤原歴史カルト日本教信者の、素朴(まぬけ)すぎる一億信者の国の日本国民だ。素朴(まぬけ)ゆえに、割を食い、全ての余計な重荷を背負わされる~ なんまいだー 天皇陛下バンザーイ ナンミョーホーレンゲキョー 
    「神聖不可侵世襲藤原血族日銀利権関係者様がたバンザーイ!」をみずから、進んでやってくれる、超便利のあほロボット達。あ~あ。(歴史的藤原)御用宗教は阿片だろ。

    • 匿名 より:

      もはや書いてることが意味不明。
      来るな、と言われているだろ。
      どうしてもこういう話を書きたいなら、
      自分の言葉で
      普通の表現で
      書くべき。

  3. 匿名 より:

    先のオリバー・ストーン監督の記事に関連した話題です。

    もうかなり前のブログ記事ですが気になったので記します。

    [神戸大震災について]

    http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7073/koubejisin.htm

  4. 匿名 より:

    安倍が統一教会ルートを使って11月のトランプ会談をセットしたことは間違いなさそうだ。
    以下、「新潮45」を取り上げたリテラの記事。

    http://lite-ra.com/i/2017/01/post-2871-entry_3.html

     国際勝共連合の機関誌「世界思想」2月号で、太田洪量・国際勝共連合会長がトランプ大統領誕生について書いているのだが、太田会長はこの中で「中国の覇権的攻勢を食い止めなければならない」と宣言したうえ、こう締めている。

    〈安倍総理とトランプ大統領の世界平和に向かうタッグに大いに期待したい〉

    あのバカのせいで、日本が戦争に巻き込まれる!

  5. 匿名 より:

    トランプが現在進行中のシリアやウクライナでの対立に良い手が打てるとは到底思えない。
    悪い表現になってしまうが、ヒラリーならコントロールしながら戦争するだろう。だがトランプはかつての日本軍と同じく泥沼化しても突き進む未来しか見えない。今までの言動や登用した側近の顔ぶれ、そしてこの数日のあれこれをひっくるめるとそう結論せざるを得ない。
    第3次大戦とはいかなくても、アメリカ相手のテロが増えることだけは間違いないだろう。

  6. 「すべての政府はウソをつく 後編」 より:

    ジェンク・ユーガー :
     「政府はウソをつかない」と主張する人は、本気で言っているのでしょうか? 人はウソをつきます、ましてや「公の場で言い逃れをして、職を守らなくてはならない」人たちですよ? もーちろん政府はウソをつきます、当たり前です!
     驚いたことにCNNが創設されてから数十年、彼らは一度もこの一文を口にしていません。CNNによれば「ペンタゴンは一度もウソをついていない」のです。

     本来、大手のメディアに出演するキャスターに対し「政府寄りになれ」とワザワザ言う必要はありません― そういう人間は雇いませんし、雇ってしまった場合は降格するか、或いは解雇します。
     メッセージは明らかです。「シー! 権力者を批判するな、大企業を批判するな、私たちが大企業なのだから。既得権益層と対決するな、私たちが既得権益層なのだから」、これに従うものは出世してゆきます。ですからこれは、大手メディアが自分の求める製品を手にするための「進化の過程」なのです。

    ジェフ・コーエン :
     (既得権益層に批判的な)ジェンク・ユーガー(を雇って圧力、それを拒むと解雇)のMSNBCでの一件によって、ノーム・チョムスキーが「合意の捏造」と呼ぶ状況に到る過程が、明らかになりました。大手の報道機関は、報道よりもプロパガンダに陥ってしまうことが多いのです。

    ノーム・チョムスキー :
     合意を捏造するためには、「無知でおせっかいな大衆」を蚊帳の外に置きます。大衆が医療保険を欲しがっていようと、富裕層に高い税率を掛けたがっていようと、「物事を理解できない」という理由で関わらせないこと。大衆が戦争に反対しても、「リビアへの爆撃が自国にとってどれだけ重要か分かっていないからだ」と撥ねつける。
     かつては大衆を黙らせるには武力が用いられていました。しかし20世紀初頭になると、イギリスやアメリカのように成熟した自由社会では「武力ではもはや制御できない」という認識が広がり、その姿勢や意見のコントロールに転換せざるを得なくなったのです。

    グレン・グリーンウォルド :
     「合意の捏造」は、メディアが使う象形文字を解読するためのロゼッタストーンです。大手メディアで働く人のもとへ行き、「あなた方は報道して良いことといけないことの制限を受けている」と言ったら、大半の人はそれを否定するでしょう、そして心から「そんなことはない」と考えるでしょう。
     なぜなら彼らは書く文章を削られたり、言いたくないことを無理やり言わされたりはしていないからです。システム全体が、ある種の習わしや、ある種の忠誠心を生み出しているのです― そこからあまりに逸脱すると、システムに弾かれます。

    ノーム・チョムスキー :
     自分の中で『 原則 』を受け入れてしまえば「完全に自由になれ」ます、抑圧や検閲を受けているとは感じず「何でも言いたいコトが言え」ます ・・・その客観性の概念を受け入れさえすれば。

    マット・タイビ :
     メディアで働く人の99%は、「自分は自分の仕事をしているだけだ」と思っています、自分たちが「愚かさの地雷原」を作り出していることに気付いていません。いざという時に、突破できない地雷原です。

    クリス・ヘッジス :
     真実にこだわる記者は、やがては企業の経営陣にとって厄介な存在となります。権力側の意図が読めて、彼らの機嫌をどう取ったらいいか知っている者は、「ゲームのやり方」をよく心得ています。
     客観性・中立性・公平性― 真実を重視するのは「うわべ」だけで、熱心に権力側に仕える人― そういう人が、組織内で出世していきます。ですからNYタイムズのような新聞社の経営陣を見ると、驚くべき凡人しかいないことに気付きます。

    ノーム・チョムスキー :
     彼らは思う通りのことができます、しかしもし枠組みを受け入れていなければ、そうした地位には就いていないでしょう。I・F・ストーンは優れた記者でした、しかしルールを受け入れなかったため、システムから弾かれました。・・・

    ジェレミー・スケイヒル
     大局的に見れば誰が大統領を目指そうと、基本的に「帝国」はビクともしません。民主党が勝とうが共和党が勝とうが、中核の組織は暴力的な軍隊を必要としており、その軍隊がとりすました自由市場を支援するというのが大前提です。
     誰が選挙に立候補しようと、誰が党の候補者になろうと同じことです。例え大統領選の本選挙で「おかしな奴」と受け取られる人がいても、恒久的な権力構造や諜報機関からブリーフィングを受けると皆おなじようになってしまうんです。
     遠いむかし、この国で沈黙のクーデターが起き、国の指導者の選出プロセスを企業が完全にコントロールするようになったんです― その事実を理解しない限り、何も変わりません。

    ノーム・チョムスキー :
     「ジャーナリストは客観的であれ」と言われます。客観的というのは環状線の内側、つまり国家権力システムの内側で「何が起きているかを正確に報道する」ことで、その外に出てしまったら「偏向報道だ」ということになります。
     権力システムの外側には多くのものが存在します、権力システムは狭い世界なのです。

    ジェレミー・スケイヒル
     映画「ユージュアル・サスペクツ」の中に好きな台詞があります。カイザー・ソゼ(役)が映画の最後でこう言うんです、「悪魔の最上のトリックは、『悪魔など存在しない』と世界に思い込ませたことだ」。
     連邦緊急事態管理庁の陰謀や「オバマに自由を取り上げられる」と信じてる連中がいます、そんなものは本当の問題ではありません。クーデターが既に起きてしまったことに、そうした連中は気付いていないんです。

    (石油業界からの献金を問い質す緑豆を、サンダース支持者と思ったヒラリーの「毒づき」ぶりが
    ハンパじゃなさすぎ―後半25:00頃)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑