【ホント?】自由党・小沢一郎代表「次の選挙はどんでん返しになりますから,期待してください」

公開日: : 政治経済 ,

スナップショット 4 (2017-02-10 10-13)

2017年02月07日(火)定例共同記者会見 自 由 党

小選挙区制度での「安倍一強」ばかり言うが,2009年を忘れちゃってるんじゃないの。 次の選挙ではどんでん返しでまた逆になりますから,期待してください

2017.2.7自由党定例記者会見

小沢一郎代表は、自民党、民進党の各派閥の領袖、公明党の半数を口説いて、「自由党」に吸収しようとしている
自由党の小沢一郎代表が、水面下で衆院解散・総選挙を念頭に、「多数勢力づくり」を精力的に進めている。民進党の各派閥やグループのトップばかりでなく、与党自民党、公明党にまで手を伸ばして、精力的に直接口説いて回っているという。東京都の小池百合子知事が主宰する政治塾「希望の塾」の運営団体・東京都議会で活動する地域政党「都民ファーストの会」は、言うなれば「小沢一郎代表の別働隊」である。このことを知らない民進党の蓮舫代表は、「小池百合子旋風」にあやかろうとが、小池百合子知事に接近したものの、歯牙にもかけられず撃沈。自民党、民進党の各派閥の領袖は、すでに小沢一郎代表に取り込まれており、「自由党」に吸収されつつある。公明党の半数も、小沢一郎代表に傾いているという。

小沢自由党代表 共産を除く野党「都議選全滅も」
自由党の小沢一郎共同代表は8日、毎日新聞のインタビューに応じ、夏の東京都議選について「今の状況なら共産党以外の野党は全滅に近い。その前に何らかのケリをつけないといけない」と述べた。都議選前に次期衆院選に向けた民進党を中心とする野党の選挙協力態勢構築が必要との認識を示したものだ。

 小沢氏は衆院解散について「秋以降と想定すると、その前に都議選がある。何とか乗り越えないとどうしようもなくなる」と危機感を示した。

近々何か動きがあるのでしょうか?水面下での剛腕に期待したいものです。最近、ツイッターも再開されました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    ヽ(;▽;)ノ 小沢さんっ、、たのんます

  2. 匿名 より:

    マスコミが正しく報道すればすぐひっくり返るんだけどなぁ

  3. 匿名 より:

    小選挙区制を作った責任者は小沢一郎。
    ケツ拭いてくれよ!

  4. 匿名 より:

    でんでんがえし って言わないとこが大人

  5. 匿名 より:

    ひとり、また一人と いずれの場合も、彼とは袂を分かって、言わば小沢一郎という幻想と幻惑から醒めて人が離れていったわけで、
    今さら何をか況んやと思いますけどね。
    人は石垣と言った武田信玄とは真逆のこの御仁に付き随うことよむなしさと危険を知る者が今さらどうしてこの御仁の企みに参じたりするものか⁉︎

  6. 匿名 より:

    どんな「どんでん」だよwww

    お前らが期待するようなどんでんはこの世に存在しないぞwww

  7. 匿名 より:

    がんばれ!小沢一郎

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑