東京新聞「アベノミクスで格差拡大!日本全体の2割の資産を2%の世帯が持つ状況に」

公開日: : 政治経済 ,

スナップショット 21 (2017-02-16 11-07)

「富の集中」日本も 資産の2割が2%の富裕層に

二〇一五年に一億円以上の金融資産を持っていた富裕層の世帯数は「アベノミクス」が始まる前の一一年に比べ、四十万世帯(50・2%)増えたことが野村総合研究所の調査で分かった。これに伴い富裕層への資産の「集中率」もこの間に約3%上昇。全体の二割の資産をわずか2%程度の世帯が持つ実態が浮かび上がった。米国では上位約3%の富裕層が全体の半分を超す資産を持つが、日本でも富の集中が加速している。 (池井戸聡)

野村総研の試算では、一五年に一億円以上の資産があった富裕層は百二十一万七千世帯に増加した。株価上昇で保有株に含み益が出たり、売却で利益を得た人が増えたのが主な要因。一六年前半は「富裕層の増加率は停滞した」(野村総研の良本真基(りょうもとまさき)氏)が、トランプ米大統領への期待で株価が上がり、再び富の集中が進む傾向にあるという。

収入格差も広がる傾向だ。東京商工リサーチの集計では、一〇年に二百八十九人だった年収一億円以上の上場企業(三月期決算)の役員数は一六年に四百十四人に増加。一人当たりの平均報酬は二億円を超えた。

中小や非上場企業を含む給与所得者の年収の伸びはさらに鈍い。国税庁によると非正規を含む一五年の平均年収は四百二十万円で、一〇年からの増加率は2%。この間に平均年収に近い収入層の人数はほぼ横ばいだったが、一千万円超を得た人は約20%、「百万円以下」も約14%増えた。日本も米国のように「平均層」よりも、高、低所得者が増える傾向にある。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「株価が上昇しても庶民には恩恵はない」「給料が上がるのはせいぜい大企業の社員まで」

こういったことを日本の多くの皆さんにご理解いただきたいですね。無茶な金融緩和と我々の年金ブチ込みで行っているアベノミクスで潤うのは、富裕層だけなんですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    オレが健康コメ欄に嫌がらせカキコしてんのは、給料安くて生活苦しいから。
    文句あっか?!
    こんな雀の涙ほどのバイト代でも、あるとないとじゃ大違い。
    みんなビンボーが悪いんだ。
    オレをビンボーにした日本死ね!!!
    (あるネトウヨの心の叫び w)

    まあほとんどのビンボー人は、『生活苦しい』と嘆きつつチコチコとスマホゲームで遊んでます。
    選挙の日は投票に行くよりパンケーキの店に並ぶほうが重要です。
    だから仕方ないか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑