”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

新国立競技場の契約済み59億円相当部分戻らぬ見込み:下村文部科学相辞任する気なし

投稿日:

hew

新国立競技場建設の事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は21日、ザハ・ハディド氏のデザインに基づく旧計画で、着工前段階のデザインや設計などの契約が計約59億円に上ることを明らかにしました。建設計画自体は白紙になったが、これらの業務の大部分はすでに完了してJSCは支払いを終えており、相当部分が戻らない見込みです。

スポンサーリンク

新国立競技場、59億円契約済み 相当部分戻らぬ見込みhttp://www.asahi.com/articles/ASH7P571QH7PUTQP01C.html

JSCがこの日、民主党の「東京オリンピック・パラリンピックに係る公共事業再検討本部」に提出した資料によると、ハディド氏のデザイン監修が14億7千万円。日建設計、梓設計、日本設計、アラップ設計共同体の設計業務が約36億5千万円。施工予定業者で設計にも携わった大成建設、竹中工務店の技術協力が約7億9千万円。

 ハディド氏との契約は17日の同本部の会合では17億円と説明していたが、21日は、13億円を支払い済みで、さらに今年度分1億7千万円のうち契約解除前の業務の報酬が必要なうえ、業務中止のための追加費用が発生すると説明。損害賠償を請求される可能性もあるとした。また基本的に作業が完了している設計業務については「若干残っている部分があれば返還をお願いする」とし、関係各社と協議する。

“新国立”問題、59億円の大半戻らない見込み

hewqhewqq

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

着工が遅れた時点で国益は大いに損なわれていますが、それに加えて59億円の税金の損失。それでも、だれも責任を取らずに済まそうとしているみたいです。下村文科相の「更迭説」も出ていますが、このまま抱え込んでうやむやにしようとすれば、内閣支持率はさらに下がるでしょう。我々にとっては更迭されない方が、今後の国会論争でも争点になりますのでありがたいですが。

新国立迷走させた“A級戦犯” 下村文科相に「更迭説」が急浮上http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161996

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.