【批判殺到】安倍首相の3・11会見打ち切り!震災6年で「節目越えた」⇒ネット「まだ仮設住宅の人もいる」「人でなしが」

安倍首相の3・11会見打ち切り=震災6年で「節目越えた」

政府は10日、東日本大震災の発生翌年の2012年から3月11日の節目に合わせて開いてきた首相記者会見を打ち切ることを決めた。

 震災から6年となり、「一定の節目を越えた」(政府関係者)と判断した。安倍晋三首相は11日に政府主催追悼式で式辞を朗読するが、会見は行わない。

 民主党政権当時の12年の会見は野田佳彦氏が行い、13年以降は安倍氏が毎年実施。被災地復興への取り組みなどを説明してきた。質疑のない式辞では、国民に対する説明が不十分となることも予想されるが、菅義偉官房長官は会見で「(影響は)全くない」との認識を示した。 

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

このニュースを見た時はさすがに目を疑いました。いくらなんでも今の状況(被災者がまだまだ大変な思いをしている)で「節目」「打ち切り」などと言う言葉を使い、震災や原発事故を過去のモノにしてしまおうとするとは、卑劣・無神経にもほどがあります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    安倍にとって、国民なんて存在しないも同然なの。

  2. 匿名 より:

    今回の超塩対応でいかに6年前の大震災のことを真剣に考えていないかが素人でもわかる。

    それでも安倍を支持する人たちって??
    理解に苦しみます。

  3. 匿名 より:

    こういう奴らが、国の為に死ねという教育を進めていることを
    忘れてはならない。
    それを具現化しようとしたのが森友学園。

  4. 匿名 より:

    総理のくせに、自分にとって見たくない国民は見ない。
    存在そのものを消してしまう。
    それが安倍のやり方。
    このまま安倍や自民党を支持し続ければ、全国民、福島化ですよ!
    さらに「教育勅語」の精神に則り、国民を自分らに都合よく改造し、戦前のように奴隷化するのが安倍自民日本会議の狙い。

    安倍にNO!
    自民にNO!
    今の政治にNO!

  5. 匿名 より:

    事故の主犯は

    もう一度言う、福島原発事故の主犯は安倍晋三だ! 第一次政権時に地震対策拒否、事故後もメディア恫喝で隠蔽…

    LITERA/リテラ

    (印刷用URL)

    http://lite-ra.com/dev/print/?url=http://lite-ra.com/2016/03/post-2055.html

  6. 匿名 より:

    命をなんだと思っている。
    自民党を離党する議員がひとりもいないって、どんだけいくじがねーの?

    • 匿名 より:

      >自民党を離党する議員がひとりもいないって、どんだけいくじがねーの?

      今の自民党議員の大半は、世襲か安倍シンパか安倍のおかげで当選できた安倍チルドレンばかり。それもこれも小選挙区制度のせい。
      昔の自民党、中選挙区時代は派閥同士で争い、この頃はまだリベラル派がある程度歯止め役になっていたが、今はリベラル派と呼ばれる人達は激減し、9割が安倍にこびへつらう連中ばかりになってしまった。

      • 匿名 より:

        河野太郎の大臣時代見てると、ねぇ。
        今また口数多くなってきてるけど、「大臣時代にやれ」だよねまったく。

  7. 匿名 より:

    時間が経っても復興してないことの責任考えたら打ち切りとかあり得ん自民党

  8. 匿名 より:

    あと公明党も

  9. 匿名 より:

    自分の保身と火消し もみ消しに必死こいてる 惨めな人間性

  10. 匿名 より:

    日本ではこんなのを支持する人間がかなりの数いる、ってことに愕然とする。
    どんな低脳国や?

  11. 匿名 より:

    まず北朝鮮に数千万も献金してた菅直人が追求されているときに震災が起きた、その民主党である菅直人を応援してたのは東北じゃねーか、震災で帰れない?日本各地、熊本や広島福岡だって毎年災害起きてるわけでお前等だけ融通はできないの分かる?
    社会党が政権取った時も震災があった、素人に政権持たせる恐ろしさを身をもって経験すればいいよ!
    民主党時代から二重国籍やヤクザ在日革命家から献金されてるやつが日本人のために働くはずか無いだろいい加減にしろよ東北の奴らは!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑