”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

「日本の憲法改正まで待てないのがアメリカの本音ではないか」集団的自衛権を必要とするアメリカの思惑に生活・玉城議員が言及

投稿日:

米国国防予算

「安保法案はアメリカに頼まれて作ったのではないか」という噂が広まっていることについて訊かれた玉城デニー議員は、2012年8月、第3次アーミテージ・ナイ・レポートの中で、安保法制の骨格部分や、TPP参加、原発推進などが明記されていることに言及しました。

スポンサーリンク

2015/07/21 「日本の憲法改正まで待てないのがアメリカの本音ではないか」――集団的自衛権を必要とするアメリカの思惑に生活・玉城議員が言及 ~小沢代表からは「最悪の想定」に関わる議論も http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254141

さらに、2015年4月末に改定された日米ガイドラインにも、「安保法制に書き込まれている新3要件に該当する言葉が、そのまま入っている」と指摘した。

 玉城氏は、アーミテージ・ナイ・レポートと新ガイドライン双方には、南シナ海での日本の積極的監視活動まで書いてあるとも語り、「これ以上の財政負担に耐えられないアメリカは、金と自衛隊を出してくれる日本に任せてしまおうとの魂胆だ。(アメリカにとっては)集団的自衛権を行使する法案がどうしても必要で、日本の憲法改正までは待てないというのが、アメリカの本音ではないか」と解説した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

【アメリカからの安倍政権への指令書】「第3次アーミテージレポート」とは:「集団的自衛権の行使容認」、「原発の推進」、「TPP交渉参加推進」など

【スクープ!】アメリカの2016年度国防予算:日本が戦争法案を制定することが前提

アーミテージレポートや日米ガイドラインでアメリカの指示が出ており、アメリカの2016年度の国防予算が、日本が戦争法案を制定することが前提となっていることから、もはやアメリカには日本が悠長に憲法を改正するのを待っている余裕がないことが如実にうかがわれます。だから安倍総理が米議会で「この夏までに戦争法案を作ります!」と宣言したことが非常に好意的に受け取られたのですね。

それにしても、知れば知るほど、「この国の政治家は誰のために政治をやっているのか?」というフレーズが頭の中を駆け巡ります。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.