【公共放送失格】前川氏がNHKに言及「私に最初にインタビューしたのはNHKだが、いまだに報じられていない」

公開日: : 政治経済, 社会問題

「最初に取材し放送されないまま」前川氏、NHKに疑義
さらに前川氏は、国家権力とメディアとの関係に言及する中で、獣医学部新設問題について「私に最初にインタビューしたのはNHKだが、放送されないままで、いまだに報じられていない」とも述べた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

国民から金取って、その金使ってインタビューして、政権が怖いから放送しないって、おかしいでしょ。

NHKは権力のためではなく、国民のために働かなければならないんですよ。わかります?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    NHKは忖度して放映しなかったのではなくて、官邸からの意向で前川・前文科省事務次官がどのレベルまで知っているのか、インタビューと称して探ったのではないか。NHKをもはや報道機関だと考えている国民は多くはないと思うし、必要の無い携帯電話のワンセグまで受信料を徴収しようとしている、抱き合わせ押し売り販売の悪徳商売人だと思っている国民は大勢いる。

  2. 匿名 より:

    NHKって国民から徴収したお金だけで運営して内閣や財務省から独立した立派な報道機関だと思っていたのに違うのか。

  3. 匿名 より:

    公共放送という得体のしれないモンスター、そうまさにモンスターだわ。
    得体のしれない法律によりその存在を保障され、主権者たる国民を無視し、あ選らぬ方向に誘導し、世界および日本全国にまたがるきめ細かな取材網を有するが、真に必要な情報は隠蔽してしまう、まさに宝の持ち腐れである。勿体ないことよ。省庁た自治体を大きく上回る 利権集団 としてしかその存在価値はなくなってきた。
    悲しいことであるが仕方がない。法の支配は、利権団体を擁護保護するのだ。
    すべては、国会議員にどのような人物を送り出すかにかかっている。
    いつまでも、暴力、不倫、隠蔽、虚偽、恫喝、無視、暴言、などなど、ひつこく繰り返し続ける、無能・不適格議員を選出していては、日本国民に未来はない。
    政治マフィアのみが、膨張してゆくことになる。
    目を覚まそう日本、排除しよう独裁政治。

  4. 匿名 より:

    証人喚問にも応じるって言ってるんだから自民党は前川氏呼べば良い。で指示も関与も圧力も総理の意向もなかったのに反対だったなら何故現職の時安倍に直に文句言えなかったのかって矛盾した質問をしてみたら良い

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑