【安倍改憲=戦争】元自民幹事長・野中広務氏が憲法改正に反対!「再び戦争になるような道は歩むべきではない」

公開日: : 政治経済 ,

自民元幹事長の野中氏 憲法改正に反対の考え示す

自民党の幹事長などを務めた野中広務氏は、東京都内で記者団に対し、安倍総理大臣が憲法を改正して2020年の施行を目指す意向を示したことについて、「戦争を2度と起こしてはならない」と述べ、憲法改正に反対する考えを示しました。

これに関連して、自民党の幹事長などを務めた野中広務氏は、東京都内で記者団に対し、「私のように、戦争に行って死なないで帰って来た人間にとって、再び戦争になるような道は歩むべきではないというのが信念だ。戦争を2度と起こしてはならない」と述べました。そのうえで、野中氏は「私に力はないが、私個人は憲法改正には反対だ」と述べました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「安倍改憲=戦争」というのは間違ってないと思います。

「戦争がないと経済が回らない国」アメリカにべったりと追従して、日本も「戦争ができる国にする」「戦争で儲ける国にする(たぶんアベノミクス3本目の矢の成長戦略)」というのが安倍政権の根底に流れる方向性ですからね。

「特定秘密保護法」「武器輸出解禁」「集団的自衛権」「共謀罪」全部そうですよね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    もうじき「戦争反対」と言えば「思想犯で逮捕!」と警察に逮捕されるのも間近だ。
    憲法を守るつもりのない安倍と自民党が憲法改正をしたら、国民は戦争に巻き込まれるでしょう。

    • 匿名 より:

      病院行った方が良いよ

      • 匿名 より:

        72年前の日本はね。「戦争反対」と言うと現在の精神疾患の措置入院ではなくて隣人がお互いに監視して密告をして特高警察に逮捕される時代があった。
        こればかりは病院行きで済まされないだよ。

      • 匿名 より:

        歴史を学ぼうね。お馬鹿さん。

  2. 匿名 より:

    野中さんの声今頃報道するくらい安倍政権ってマスコミにとって怖い存在なのか。

  3. 匿名 より:

    後藤田正晴の美談も最近よく聞くな
    ただ、後藤田に限らず、宮沢喜一などのハト派の保守議員も
    生前は『世界』(岩波書店)で左系の知識人と普通に安保や
    護憲について議論してるんだから、今の感覚だと想像もつかん

    昔は、『正論』が狂信者の巣窟で、あんなところで何か書いてるのは
    恥だったんだが、最近は『WiLL』や『SAPIO』、或はそれ未満の
    ネトウヨニュース読んでる議員・文化人が、自称保守なんだからどうにもならない

  4. 匿名 より:

    ×戦争で儲ける国にする
    〇戦争で上級国民だけが儲ける国にする

    一般国民? 戦費と流血で塗炭の苦しみを味わうだろうよ。
    つまりは国民の血を金に換える錬金術をやりたがっているんだよ、安部は。

  5. 匿名 より:

    野中広務氏かっこええ

  6. 匿名 より:

    野中広務氏、いいね!
    同じく、憲法改悪反対!!

  7. 匿名 より:

    野中先生は◯◯◯。

  8. 匿名 より:

    野中さんは尊敬できる、ほんとに数少ない自民党の政治家ですね。平和を心から望んでおられる方でしょう。党内で賛同者が声をあげるきっかけとなればいいなと思いますよ。
    ただ、○HKがこのニュースを流しているので、政府広報の一環として、自民党内の自由さを演出しているのでは?と疑いも持っています。複雑です。

  9. 匿名 より:

    野中広務氏、よく言ってくれた。
    老いた駿馬は馬小屋に伏すも志は千里にあり。烈士は暮年にも壮心やまず。(駿馬は、たとえ老いて馬小屋にあっても志は千里を駆け巡っている。男児たるもの、年老いたからといって熱い気持ちを止められるものではない)
    野中節、健在です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑