【痛恨の一撃】福田元総理が日本の将来を危惧「幹部の官僚は官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家の破滅に近づいている」

公開日: : 政治経済 ,

福田元首相、安倍政権を批判 「国家の破滅近づく」

福田康夫元首相は2日、東京都内で共同通信のインタビューに応じ、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画や「森友学園」への国有地払い下げなどを踏まえ、安倍政権下の「政と官」の関係を批判した。「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家の破滅に近づいている」と述べた。2014年に発足した内閣人事局に関し「政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」との認識を示した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

森元総理以降の自民党総理で唯一まともだった福田総理が、安倍政権に痛恨の一撃です。

そして、そんな安倍氏にひれ伏すだけの今の自民党議員を心底情けなく思っている事でしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    森喜朗・野中広務らと比べ、殆ど表に出てなかったこの人まで引っ張り出すなんて。それも派閥の年長者…本人にも直接云ってはいたんだろうなあ。

  2. 匿名 より:

     失礼ながら、もう亡くなられていたと勘違いしていました……。

     ちなみに流石に健在なのは知ってるけど、民進党では菅直人氏もほぼ黙殺状態だね。小沢氏同様、”安倍政治犯”扱いだったと思うよ。少しは復権出来る日が来るんだろうか???

  3. 名無しのK-POPファン より:

    ほんとこれは正論。
    せっかく秀才の官僚なのに安倍のいいなりだなんて
    かなりの国益の損失だと思うし国を間違った方向に向かわせると思う。

  4. 匿名 より:

    でも官僚としては足りないトップでも連綿と続いてきた強固な官僚組織でヌクヌクしてる方が楽なのかも。小さい頃からがむしゃらに勉強して東大文Iやっと入ってるのが官僚に流れて能力ある人は自分のやり様でいくらでも稼げる民間や自営をやってる。福田さんもそんな官僚を都合良く使ってたところあるでしょ。

  5. 匿名 より:

     もう第2次の安倍政権誕生時から、「いずれこの国は中国あたりの属国になるしか無いな」と思っていましたから、今更感。

  6. 匿名 より:

    民主日本の観点からの正論を、冷やかす輩がいる。
    今の自民党は、独裁者一家の個人的所有物のように見える。自民党の国会議員は、国会議事堂での小間使いとして当選したのだろうか。政府のお役人は、ご一家の生計を賄うために内閣や省庁で家事労働をなさっているのだろうか。
    国民は、独裁者ご一家が快く暮らせるように年貢を納めているのだろうか。

  7. 匿名 より:

    国民に選ばれたわけではない官僚が政治家をバカにして全く言う事を聞かない
    こっちのがはるかに問題なんですけど

  8. 匿名 より:

    発言内容はともかく、その前に芸能人色々が同様のことを云っているので、この人ってその人以下??!!

  9. 匿名 より:

    『内閣人事局、あれは良くない。』と

    年初に直接、当局の人から聴いた覚えがある。

    はっきりいって、晋三の忖度機関の内閣人事局は

    いらない。晋三の顔色ばかり窺っている。

  10. 匿名 より:

    官僚(次官、局長含む)は行政組織の中ではあくまで補助機関
    政治家(意思決定機関)の手足のように働くように行政組織法で決められてる

    面従腹背の官僚主導を政治主導にもっていこうと尽力したのが民主党であったのを忘れたらあかんよ
    その時は官僚の猛烈な抵抗で失敗したけどね

  11. 匿名 より:

    内閣人事局ができるとき、法制局の長をすげ替えたとき、NHKの役員をすげ替えたとき、朝日新聞の記事は懸念を示してたのを覚えている。自分もあかんがなと思ったことを覚えている。思っているだけではだめだったんだと反省。

  12. 匿名 より:

    今の政治主導とは、森友・加計・日報などを、問題なく隠蔽し、日本国から政治腐敗という言葉を失くしてしまうこと。
    現在の法律に縛られた官僚が、政治屋の諸々の要求にこたえるのが、法治主義。
    現在の法律を無視して政治屋が、官僚に諸々の忖度を要求し出世を保証するのが、人治主義。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑