【非正規地獄】”非正規”教員の給料に上限!正規と変わらぬ責任を負いながら教員歴10年の40歳代の臨時教員は年収250万円!(子供は就学援助)⇒総務省「そんな実態は知らなかった」

公開日: : 仕事・労働

非正規教員、給料に上限…38都県で内規設け
公立小中学校に非正規として勤務し、担任や部活動の指導など、正規教員とほぼ同じ仕事をする臨時的教員について、38都県が、地方公務員法に基づく給料表の通りに年齢などに応じて金額が上がることがないよう、別のルールを設けて給料を低く抑えていることがわかった。

大阪府、岡山県など9道府県は、年齢や経験に応じて給料表通りに上がるが、熊本県、茨城県など38都県は、給料表とは別に、条例や内規などで上限を設けていた。鹿児島県の給料表の最高は月40万5600円だが、規定により20歳代後半の給料と同程度の月22万1200円を上限としていた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

あまりにも信じられないような日本の実態です。

これで部活とかもやらされて、朝から晩まで働いて、年中休みなしだったら、本物の奴隷ですね。そして、そんな人に教わる子供達。

非正規の立場の弱さも問題ですが、自分たちの労働環境を改善できない労働者にも大きな問題があります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    教師が非正規なのも信じられない。介護職や保育士も公務員にすればいいのに。教育や介護をないがしろにしている日本国。貧しいね。

    • 匿名 より:

      15年程前 規制緩和の名の元 公立保育所幼稚園の民営化民間委託が次々と強行された。一保護者として当時の市民運動に担ぎ出されたけど ほんっとに大変だった。あれで共産党と職員労組が大嫌いになった。彼らが危惧した通りの社会になったけど やっぱり今でも共産党や労働組合とは関わりたくない。

      • 匿名 より:

        そうですね、働く人たちの権利を守るための運動なんて、大変ですよ。
        日本には、働いていない人が多いために、そんな運動なんて見向きもされませんよ。共産党や教職員組合の方も、善良なる市民の方を巻き込んではいけませんね。自分たちだけでやれば良かったんでしょうね・
        善良なる市民の方々のご意見が集約された結果、全国的に幼稚園保育所などの民営化が進み、良かったですね。非正規の教職員の方々を安い給料で使えて、税金の負担が軽くてよろしいですね。本当に良かったですよね。

        • 匿名 より:

          口を開けば共産党ガ~

          そんなにネトウヨ・ネトサポ=安倍信者は共産党が怖いかw

      • 匿名 より:

        長々と書いてるけど結局言いたいのは共産党が嫌いってことね。うざ

  2. 匿名 より:

     役人無用。

  3. 匿名 より:

     ひと一倍責任が問われる全体の管理者の思考停止&怠慢発覚は、システム全体の崩壊部の責任を、彼等が負うという図式だ。
     逆ピラミッドだよ。
     頂点の奴が、全体の責任を一手に引き受ける。
    当然、それに相応しい内容の人間が、任に当たるので、地位・生活の保証は、全体の他の構成員達とは、段違いの待遇と言うことだ。
    >「そんな実態は知らなかった…」無能告白の奴が、間違って、高い地位と給与等の保証の位置に、複数いるらしいという情報だ。
     その無能者共は、無能者告白者自覚に加えて、集団給料泥棒確信犯も専らとしている様子。
    >泥棒に対しての〝極めて重たい責任の追及決定〟法的対応を正しく準備して、実行するのみだよ。法とはそのためにあるのだから、主権者は自らの公正な判断に従うのみで迷う必要が無い。
     彼等の側から、何かまともな解決の糸口が来ると考えたら間違いだ。資格喪失相当なんだよ、既に。
     甚だしい深刻な劣化状態の解決策は、これひとつ。給料泥棒の正当性主張者の中には、ささいな何かでも期待すること自体が、極めて愚かなことだ。彼等の主張やその詭弁文法による提案等に、まともな主権者が従う?必要などなにもない。存在自体が、最低の職責放棄者共なんだから。
     まともな人間はいるし、いかれた人間は要職から除いて、そのまともな人間達と、新しく国を作り直せばよい。
     きちんと職責を果たしている人間の心は、国民の生活の実態には、敏感なのが当たり前で、所属共同体とは、喜怒哀楽を共有している心を最低限持っているものだ。 
     

  4. 匿名 より:

    非正規職員が教員を務められるのなら、教員全員を非正規職員にして、給与を抑えればよろしい。
    教育委員会の職員も、全て非正規職員で間に合うだろう。
    安い給与でそれ相当の能力を有する人材を確保できているのなら、何も、高い給与が必要な正規職員の教員が必要とはいえまい。
    教育に、教育現場に、企業マインドなるいい加減なものを持ち込んだ結果、必然的に生じた現状である。
    なぜ、中途半端なことをするのか、人件費削減なら徹底的にやってしまえばよろしい。教育行政も、行き詰まっている、行き詰まらせようと目論んでいる勢力が中枢部分を抑え込んでいる、理念と現状の乖離に敢えて目をつぶっている国民の姿勢も問われているだろう。

  5. 匿名 より:

    庶民の給料をあげるのがアベノミクスの目標ならば公務員の給料を民間に先行してガンガン上げていけばいいじゃない。

  6. 匿名 より:

    42歳の非正規教員です。

    同じ仕事をして、同学年の正規教員の給料差に愕然とします。
    試験に受かってない差だと諦めています⤵︎正規の人は、受かった給料差だと思っています⤴︎

    なら、働く仕事の量を少なくして欲しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑