【政権を忖度】文化庁職員が「国を批判するような番組を賞に選ぶのはいかがなものか」と発言してたことが判明!「NHKスペシャル ある文民警察官の死~カンボジアPKO23年目の告白」

「国批判の番組に国から賞」 文化庁職員「受賞いかがか」

優れたテレビ作品などに贈られる文化庁芸術祭賞の昨年度の審査過程で、国連平和維持活動(PKO)を検証したNHKの番組に対し、事務局の文化庁職員が「国を批判するような番組を賞に選ぶのはいかがなものか」といった趣旨の発言をしていたことが、複数の審査委員と文化庁への取材で分かった。南スーダンPKO派遣部隊に安全保障関連法に基づく新任務が付与された直後の時期で、複数の審査委員から「政権を忖度(そんたく)したとも取れる異例の発言だ」と批判の声が上がる。 

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

こういう発言って自然と出ちゃうんですかね。それともこういう発言すると政権からの覚えが良くなって出世するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 桃の木 より:

    相当やばいですね、この文化庁職員って。
    知性レベルの劣化が止まらない。

    審査委員は当然の批判であり、まだちゃんとした知性と感覚を持っているからよかった。

    新自由主義の安倍なんか、文化を真っ先に切り捨てるような奴なのにそんな奴の信者なんて、それだけでもありないのに…
    なんでこんな文化に大切に考えていないやつが文化庁職員なんてできるんだ。

    政権を忖度させるような発言を促す職員は、氏名を公表したらどうだ。

  2. 匿名 より:

    政権は批判されてなんぼのもんやと思いますが〜
    批判されても支持を得る自信があれば、こんな事でいちいちグズグズ言わないでしょうに。

  3. 匿名 より:

    >こういう考えを持った人間が文化庁いにるとは…世も末だ。
    >→東京新聞:「国批判の番組に国から賞」 文化庁職員「受賞いかがか」
    > 橋爪勇介 (@hashizume_y) 2017年9月9日

    むしろ、こういうウブいこと言ってる奴らが居る事の方がアホだと思う
    前川 前事務次官みたいなリベラル寄りというのは、
    公務員試験以外に学問をやるだけの余力のある人間とか
    サラリーマンやめても独力で生活できる後ろ盾のある人間であって、
    基本的に、国家公務員試験、
    それも上級試験に通って出世する人間というのは、
    センター試験宜しく公務員試験の勉強しかしていないから、
    国に逆らうとか、自分の考えを持つ、という発想がないガリ勉ロボに決まってんだろ

  4. 匿名 より:

    政権与党を批判するのと国を批判するのは別問題なんだが。
    知性の劣化が半端ないレベルで進んでるな、この国。

  5. 匿名 より:

    財務省官僚ほどじゃないよ。この程度。

  6. 匿名 より:

    中国だったら国を批判する番組作ったら
    逮捕の上、消されるところだが
    国を批判する番組を作って
    賞を貰おうとするなんて図々しい。

  7. 匿名 より:

    マスコミは第4の権力とも言われますから、他の三権と分立していなければ民主主義国として危うい。
    当然、国を批判するのも大事仕事。

  8. 匿名 より:

    その文化庁職員が「いかがなものか?」です。

  9. 匿名 より:

    何を以て「国を批判している」と判断したのやら。
    紛争の中に派遣すれば戦死者も出る、そんな当然の危険を報道するのが国への批判だと?
    大本営発表そのままやんけ。

  10. 匿名 より:

     関係者によると、昨年十二月上旬、全作品を見た各審査委員が受賞作を決めるため、文化庁内で「ある文民警察官の死」の評価を話し合っていた際、事務局の文化庁芸術文化課の職員が「国からの賞なのに、国を批判するような番組を賞に選ぶのはいかがなものか」との趣旨の発言をした。職員に審査権限はない。複数の審査委員から「それは違う」とその場で異議が上がり、最終的に優秀賞の一つに選ばれた。取材に対し、文化庁の柏田昭生・芸術文化課支援推進室長は事実関係を認め、「PKOの問題が絡んでいたので『政治的または宗教的宣伝意図が顕著でないこと』という審査の留意事項を確認したつもりだったが、言葉足らずで誤解を招いてしまった。伝え方が不正確だった」と説明。「国を批判するものはダメという考え方はいけないし、今回の作品が国を批判する内容とも思わない。(政権を)忖度したわけではない」と話した。
     この作品は、芸術祭賞と並ぶ権威とされる「ギャラクシー賞」のテレビ部門で大賞、「放送文化基金賞」のテレビドキュメンタリーでも最優秀賞を受賞した。

    なんだよ。結局、この作品は賞を受賞してるし、むしろ東京新聞側の安倍政権を支える意見をいう奴は何人たりとも許さないという思想弾圧じゃねえか。
    東京新聞は腐った新聞だな。

    • 匿名 より:

      おまえ…
      せっかく熱心に経緯を読んでも
      書いてある内容はさっぱり理解できないらしいな

      WiLLとかSAPIOに書いてある日本語を読んでも
      大学で学ぶため
      →延いては時事問題を適切に判断するための基礎には
      絶対ならないから、お前の生活と関係ない話題に興味持ったりはせず
      政治(世直し)に係るのは、投票所で漢字書くだけにしておいた方が
      幸せだと思うぜ。ご苦労だったな

  11. 匿名 より:

    結局、忖度してないじゃないか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑