【森友解散説】民進・今井議員「解散の裏事情がわかりました。検察調査で財務省の答弁を覆す事実が出てる&10月下旬に出る会計検査院の調査でも政府にとってマズイ結果」

公開日: : 政治経済

ホントだったらトンデモナイことです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    やはり疑惑隠しの個人的な解散宣言でしたか
    前門の解散、後門のモリカケ

  2. 匿名 より:

    ( ´_ノ` )フーン

    まぁ、大阪地検特捜部はマズいもん出て来たら握り潰すでしょ。

  3. 名無しのK-POPファン より:

    まあそんなところでしょうね。
    これがなくてももりかけ隠しだってことは素人の国民にでも分かるもの。

  4. 名無しのK-POPファン より:

    安倍自民は国民をとっても馬鹿にしていることに全国民が気づいてほしい。
    そしたら楽々自民党を下野させることができる。

    • 匿名 より:

      それでも「でんでんやハゲは嫌いだ」とか言いながら盲目的に自民に入れるジジババと無関心に選挙を棄権する現役世代が後を絶たない限り国賊売国奴・自民党は蔓延り続ける。
      この国の諸悪の根源はここにある。自分では何も考えないで流されるだけの、奈落の底の底なし沼の底のような低さの民度が、でんでん一味よりもマスゴミよりも、言ってしまえば『宗主国様』よりも、何よりもこの国が抱える大問題であるし、しかも国民自身がそれに気付いていないのだからどうにもならん。周りを諭してみ? 絶対に心が折れるからさ。

  5. 匿名 より:

    解散すれば逃げられると考えているのか。日本国民は安倍晋三と自民党を絶対にゆるさないだろう。河野氏は東京新聞に、後ろから撃つな、と発言したが、日本国民は自民、公明、維新に前後左右どころか上下からも撃たれ続けてきた。共謀罪、TPP、秘密保全法、安保条約、種子法廃止、マイナンバー、増税、移民法改正、特別会計、派遣法改正、原子力政策、内閣人事局、日米合同委員会、あげればキリがない。彼らは日本国民の権利を外資に売り飛ばす売国奴。

  6. 匿名 より:

    本当に検察が表に出すかどうか甚だ疑問。
    つか、選挙関係なくね? 選挙しようがしまいが発表(するかどうかかなりの疑問)して関係者をしょっぴくのに『時期』になんてどうでもいいじゃん。
    現実、2009年4月、いつ選挙になってもおかしくなかった時期に当時の野党第一党・民主党の小沢代表を、微罪にすらならず、いつの間にか消え失せた『西松事件』とやらで狙い撃ちしたのが自民党の厳命を受けた『東京地検』だったろうが。
    自民党は選挙になれば検察がでんでんを貶めるようなことをすれば「選挙妨害になる」なんて都合の良い解釈してんじゃねーよ。

  7. 匿名 より:

    検察は既に小泉純一郎に裏金疑惑もみ消して貰って自民党に飼われたのかと思ってた。まだ希望あるのかな…。自民党と財務省がガッチリ組んでる現状色々難しそう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑