【若干自民↑民進↓】2017・10・22総選挙、第1回トレンド調査、比例投票先、自民27%、民進8%、小池新党6.2%。2014年と同傾向

【若干自民↑民進↓】2017・10・22総選挙、第1回トレンド調査、比例投票先、自民27%、民進8%、小池新党6.2%。2014年と同傾向

公開日: : 政治経済

投票先自民27%、民進8% 衆院選比例、解散「反対」64%

共同通信社は23、24両日、衆院選を前に有権者の関心度や政党支持の傾向を探るため全国電話世論調査(第1回トレンド調査)を実施した。現時点で比例代表の投票先政党は自民党が27.0%で、民進党は8.0%だった。安倍晋三首相によるこの時期の衆院解散について賛否を聞くと、反対が64.3%で、賛成は23.7%にとどまった。

 比例代表の投票先で、小池百合子東京都知事の側近らが結成する新党は6.2%。以下、公明党4.6%、共産党3.5%、日本維新の会2.2%、社民党0.3%、自由党0.1%と続いた。日本のこころは0%で、「まだ決めていない」は42.2%だった。

2014年 解散理解できない63% 衆院選第1回トレンド調査
共同通信社は19、20両日、衆院選を前に有権者の関心度や政党支持の傾向を探るため全国電話世論調査(第1回トレンド調査)を実施した。現時点で比例代表の投票先政党は自民党が25・3%で、民主党9・4%の2倍以上に達した。「まだ決めていない」が最多の44・4%で、状況は変化する可能性がある。

安倍晋三首相が衆院解散を表明したことについて「理解できない」との回答が63・1%となり、「理解できる」の30・5%を大きく上回った。

 比例投票先は、自民、民主両党に続いて、公明党4・6%、共産党4・2%、維新の党3・1%、社民党0・9%、生活の党0・3%、みんなの党0・2%、次世代の党0・1%の順。

2014年 有権者の関心高まらず…投票率最低

14日投開票の第47回衆院選の投票率(小選挙区)が戦後最低の52・66%となったのは、民主党が自民党の「対立軸」とはならず、「政権選択」の意味合いがなくなったことで、有権者の選挙への関心が高まらなかったためとみられる。

 野党第1党の民主党は、2012年衆院選の惨敗から党勢回復が進まず、衆院の過半数の候補者を擁立できなかった。12年衆院選で旋風を巻き起こし、無党派層の受け皿となった「第3極」政党も、党内路線の対立で分裂したり、解党したりし、前回の勢いが見られなかった。民主や維新の党などが準備不足で候補者を擁立できず、「与党対共産」の一騎打ちの構図となった選挙区も少なくなかった。東北や北陸などでは、降雪で投票所に向かう有権者の足が遠のいた可能性がある。


以下ネットの反応。

前回2014年と数字的には似てますね。小池新党が野党から数字を奪ってるのかな(自民の受け皿として)。

この数字が最終的にどう議席数につながっていくでしょうか。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    この数値は、当然のことと思いますよ。
    自民党や公明党は、完全に選挙、戦闘モードに入っているけれど、民進党には、その意気込みが全く感じられない。動きが遅いし、明瞭でない。
    マスメディアが取り上げてくれないなら、もっと、街頭に出ろよ。民進党の総力を挙げて、街頭に出ろよ。昔の民主党の創成期ころには、民主党の候補者、候補予定者があちこちで街頭に立って、演説していたよ。
    あの頃の熱気はとこに失せてしまったんだ。民進党は、お殿様商売になっていませんか、初心を思い起こして、戦闘的精神を取り戻していただきたい。
    気持ちの面で、自民党などに出遅れていて、選挙に勝てるものか。
    選挙に勝とうと思っているなら、もっと、まじめに取り組めよ。

  2. 匿名 より:

    比例代表投票先 第一回トレンド調査
    2012年 自民23.0 民主10.8 維新6.8 公明4.0 みんな2.0 共産1.9
    2014年 自民25.3 民主9.4 公明4.6 共産4.2 維新3.1
    2017年 自民27.0 民進8.0 希望6.2 公明4.6 共産3.5 維新2.2

    獲得議席結果
    2012年 自民294 民主57 維新54 公明31 みんな18 共産8
    2014年 自民291 民主73 公明35 共産21 維新41

    希望が結構議席取るかも、ネットの意見は関係なく百合子ファンは多い

  3. 愛国者 より:

    なぜか自民党が増えてる 本当なら頭がおかしい

    • 匿名 より:

      選挙結果に対する、疑義を抱かせないための準備事項です。
      出現した選挙結果を、国民に疑問なく受け入れさせるために、もうこの時期から謀略工作が開始されているのです。
      さすが、政権維持に対する意欲は全く衰えていませんね。むしろ、強化されています。
      一喜一憂の必要ありません。

  4. 匿名 より:

    選挙に勝つには共闘+消費税凍結しかありえない
    減税は無理でも凍結は出来る

  5. 匿名 より:

    投票率上げましょうよ。
    民進党は、小池新党と手を組めば、必ずや、取り込まれて、存在そのものが見えなくなるでしょうよ。
    小池新党は、小泉さん、安倍さん政治の仕上げ担当部隊でしょうから。
    小泉さんが日本破壊の取っ掛かりを担当し、国民財産と労働者の投げ売り、安倍さんが立法、司法、そして行政まで破壊し、最後に小池さんが国民の主権そのものを破壊するのではないでしょうか。

  6. 匿名 より:

     そら、誰も大臣断るしなった奴はあんなのだし。

     歴史上最低内閣の汚名だけが残るのだろうな。

  7. 匿名 より:

    調査には答えるが投票に行くかは別。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑