【いいね!】山本太郎議員も”戦略的投票”を訴える「党名(希望の党)だけで候補者を端から排除するのは危険。(投票する)選挙区で立候補した人たちを、しっかりチェックして選ぶ」【比例は共産】

公開日: : 政治経済 ,

山本太郎氏「戦略的投票を」海江田氏らをはしご応援
東京12区では、街を歩く有権者に向けて分かりやすく共産党への投票を訴えたが、その裏には、政局の混迷が一層、深まり「有権者にとってハードルが高い選挙」だという認識がある。山本氏は有権者に向けて「戦略的投票をしないと」と訴えた。

山本氏 ポスターを見ただけでは分からない。テレビで1番映っているからとか、露出が多いからといって選ぶのは非常に危険。(投票する)選挙区で立候補した人たちのことを、もう少ししっかりチェックして選ぶ。どういう仕事をしてきたか、国会でどういう質疑をしたかなど、議事録を少し、引っ張って見るくらいしてもいいと思う。意見を変えない候補者は誰か、市民の生活をより良くしてくれる人は誰なのかを考えて選ぶべき。有権者がいかに賢くなるか…それが戦略的投票です。

 小池氏らによる“踏み絵”が発覚して以降、支持率を落とす希望の党の候補者にも、心ある人はいるだろうと山本氏は見ている。

 山本氏 踏み絵を踏んだ候補に、何で踏んだんだという有権者のお怒りの声があるのも分かる。ただ、自分の主義主張を通してでも選挙に勝てる自信のある人は踏まずにいけるけれど、踏まなければ、市民の投票だけでは勝てない(党の公認が必要)という人もいる。踏むこと自体は、おかしい話だけれど、踏み絵は踏んだけれど本心じゃなく、当選後に(宗旨変えをする)という人も、いるかも知れない。だから、党名だけで選択肢として、候補者を端から排除するのは危険。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「有権者にとってハードルが高い選挙」

政治家が「与党1VS野党1」という選択肢作りに失敗したので、残る可能性は有権者の投票行動しかありません。

自分の選挙区の希望の党の候補者をよく見てから判断しても遅くはないのではないでしょうか。

少しでも状況が好転するほうに賭けるしかありません。

選挙は「勝ち負け」しかありません。

ギリギリまであがくべきです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    この日本で、政治の異常さを感じたり、汚職疑惑を明らかにしよう、と思ったりする人は、これらを作り上げてきた与党以外の政党に投票することが、新しい日本を作る出発点となります。

    10月22日は、何はともあれ、衆議院議員選挙の投票に行きましょう。
    国民としての、意思を表明しましょう。

  2. 匿名 より:

    「戦略的投票」と一緒に、この違憲の小選挙区選挙を認めてる最高裁裁判官の国民審査には全部×で投票する。
    一票格差で国民の投票が公平に議員選出に反映されない選挙制度は憲法違反。
    しかも今回、加計学園関連の木沢克之氏の国民審査も含まれてる。
    モリカケの延長で指名された最高裁裁判官を認めるわけにいかない。
    「戦略的投票」と一緒に、最高裁裁判官の国民審査には全部×で投票する。
    最高裁裁判官候補者の人となりを国民は全く知らない。
    どこの誰かもわからない人物を司法の最高機関に着任させられない。

  3. 匿名 より:

     東京12区は実質的に公明対共産の対決なので、ここは共産に投票しなければいけない選挙区です。公明の幹部の太田は、ぜひ落としてほしいですね。共産の池内さおりに山本太郎の応援が入ったのは大きいな。立民の長妻も自分の選挙は鉄板だろうから、池内の応援に入ってほしいな。ここは、絶対勝てるはずだ。

    • 匿名 より:

      与党側が公明だけならある意味簡単。
      自民支持者の公明嫌いは意外に多いから、与党Noの人が投票に行けば落とせる。
      現に東京12区はかつて、絶対無理と言われた”小沢チルドレン”青木愛が当選してる。

      • 12:13 より:

         前回の選挙は青木と池内の票をあわせると、太田とほぼ同数ですね。しかし、田母神が39000票も集めていたとは・・自民の支持層はこちらに流れたのか?あとはネトウヨか。

  4. 匿名 より:

     私は選挙区で立憲民主が居ないので、比例の方にしちゃいました。同じ考えの方は私からも共産へお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑