【ついに!】立憲民主党が全国世論調査でも希望を抜いて支持率2位に!ネット「枝野の演説は他党を小馬鹿にしたような揶揄や揚げ足取りではなく、真っ当な政権批判だから聞いてて気持ちいい」

公開日: : 政治経済


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

これは凄い数字ですね。

民進から希望の党に52人、立憲に15人行って、希望の党は立候補者が235人、立憲は78人で、この数字ですからね。

あとは、安倍・小池・松井・山口がダーティー路線に走ってますから、枝野氏のまっとう路線は際立ちますね。

党首の力量の差が出始めているのではないかと感じます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    多数の日本人は、他人を批判、批評、嘲笑、愚弄、する人間を有能な人間と考える傾向があるようです。

    今後、お子様が生まれましたら、日本以外の国籍を取得できるよう準備された方がよろしいかと。

    やはり、この国は、衰退し、滅んでゆくことになります。
    その際に、他国に戦争というご迷惑を、再びお掛けすることになるのが、残念で、申し訳ないことです。
    アジアの皆さま、アフリカの皆さま、申し訳ございません。

  2. 匿名 より:

    敗戦時アメリカは日本を12歳児って言ったんだっけ。今17歳位?思春期終わってちょっと大人びて、でも自立には程遠い。この年齢で音楽や異性の好み止まってるおっさんやおばさん多い。自分が何を望みどう歩んで行くのかその道筋に目途つけられるかどうか日本はどこに向かっているのか。

  3. 匿名 より:

     株価が上がって国民すべてが喜ぶと思ってるんだから本当に幼稚だな。とくにあの長官は。

  4. 匿名 より:

    日本は意図して政治学と経済学を小中高の授業カリキュラムに含めなかった。
    これが今の日本の現状を生み出している一つの要因。
    もし、少しでも経済学を学んでいればアホノミクスの欠陥なんぞ一目で分かったことだろう。そして、株価=景気でないことも理解できることだろう。
    産業構造が変わったことにも気づかないほど、日本人の経済オンチ振りは常軌を逸しているし、政治学をやらないから世界情勢も分からないまま大人になっていまだに冷戦時代と同じ構造だと思い込んでる輩は圧倒的に多いし、右と左の思想の違いも分かっていないのが多い。
    これも少しでやっていれば今の自民党が右=保守だなんて思う人なんていやしない。

    この辺りも日本の戦後教育の弊害だろうな。さすがに70年前から現在を見てそれをやったとは思わないが、途中からは意図した可能性はある。特に政治不信が高まりバブルが弾けた1990年代からは取り入れるべきだっただろう。
    そうすれば如何に頓珍漢な経済対策を政策を日本政府(主に自民党)がやっているかなんて分かりそうなものなのに、今、それを理解できるのが最低限、経済学部卒の大学生じゃないと分からない、というのが本当に情けないし、無知であることに気付かない国民が実に嘆かわしい。
    これで日本が先進国だなんて途上国の若者はもう思っていないだろうな。

    • 匿名 より:

      ものすごく納得です。
      ・少しでも経済学を学んでいればアホノミクスの欠陥なんぞ一目でわかる。
      ・株価=景気でないことも理解できる。
      ・産業構造が変わったことにも気づかないほどの日本人の経済オンチ振り。
      ・世界情勢も分からないまま大人になって、いまだにアタマは冷戦構造。
      ・今の自民党が右=保守と思っている無知さ。

      エネルギーも自動車も、全く立ち遅れていて方向性が間違っているのに
      産業が衰退して日本は何で食べていくのか。
      このままアベ政治を続けたら日本経済が沈む気がしてなりません。
      そうなればアベさんは、絶好の戦争の機会だと喜ぶかもしれないけど。
      平和だからこその経済発展、これを捨て去るのが今のアベ自民党政治。

    • 匿名 より:

      同感です。
      私が若い頃まったく政治に興味が持てなかったのも、国会中継見ても何言ってるのが理解できなかったからです。
      何の予備知識も無いまま、はい、成人です。選挙に行きなさいと言われても、どうしていいかわからん。
      今でも教育現場はそういう状態なんでしょうか?

      そしてテレビが愚民度をアップさせ続ける。
      安倍の言うのと逆の意味での教育改革が必要ですね。

      それでも、何かキッカケがあって興味が持てれば、自然と知識も増え、オモシロくなって来るんですけどね。
      私の場合は、原発がキッカケでしたけど。

      • 匿名 より:

        個人的には興味と関心は意味が違うものだと思っている。日本語では同じような意味にしているけど、興味は楽しめるもの、関心は注意して見る事、という風に分ければ政治に興味は持つ必要はないが、無関心ではマズイことがよく分かるだろう。
        でも、日本人の大多数は関心=興味と思っている人は多い。国語辞典でもそうなってるから仕方ないっちゃ仕方ないが、私は興味と関心は分けて考えるべきだと思う。

  5. 匿名 より:

    誰かと違って 誤魔化したりしないから安心して聞いてられる

  6. 匿名 より:

    週末、枝野さんの応援演説を聞いてきました。
    「枝野、立て!」「枝野、立て!」という声に押されてできた党だと。
    だから立憲民主党は枝野が作ったんじゃない、みなさんが作った!
    ・・・枝野さん、そう言われてました。
    国の政治を私物化するアベと比べて、なんという清々しさ。

    人の悪口や揚げ足取りばかりの嫌味ったらしい維新や希望にヘキヘキ。
    >安倍・小池・松井・山口がダーティー路線に走ってますから、
    >枝野氏のまっとう路線は際立ちますね。

    ホント、それです。
    もうウソや憲法無視な政治、幼稚なコリクツはたくさんです。
    これ以上アベ政治が続いたら、こっちのアタマが変になるわ。
    まっとうなこと、当たり前にしてほしい。

  7. 戦略的投票について より:

     小選挙区に関して、立民は候補者を擁立していないところの方が圧倒的に多いです。投票したくても投票できないのが残念なところです。だからと言って、比例区で立民に投票すると、一番、野党共闘に積極的な共産の票を吸い上げることになってしまうのが悩ましいところです。比例区に関しては共産に投票しましょう。共産が票を減らしたら、次回の選挙は野党共闘をやめるかもしれませんよ。

    • 匿名 より:

      俺は立憲民主党を支持してるので、比例は立憲民主党に入れます。
      なぜ共産党に入れなきゃいけないのか…
      立憲民主党は小選挙区で苦戦してる候補者多数います。
      比例当選してもらうためにも、立憲民主党に入れる以外考えられません。
      小選挙区で立憲の候補者がいない地区は共産党候補者に入れるなら分かるけど、立憲を支持してるのに比例に共産党はちょっとあり得ないです…すみません。

      • 匿名 より:

        誤解があるようだが、『比例は共産』というのは野党の議席を増やすものであり、その辺りを履き違えると、仮に民主61人全員当選できたとしても野党合計で157議席に届かないようでは意味がない。
        小選挙区で民社自(今ならもう小池は嘘を付けないので連立を否定した希望を入れてもいい)の候補者に票を集め、比例で共産を生き返らせると野党勢力が増加するってことを目標にしてるわけなんだが、それを理解していない有権者はやっぱ多いってことか。こういう有権者は次回にまだ普通に選挙があるとでも思っているんだろう。
        今の日本はそんな甘い状況ではないことを、でんでん一味の国賊行為(=違憲行為)を乱発する姿を見てもまだ分からないのかと暗澹たる気持ちになってしまう。

  8. 匿名 より:

    今の暗黒政治を終わらせる為の、貴重な一票を無駄にしないために。

    小選挙区では、野党統一候補(①立憲民主党 ②共産党 ③社民党 ④護憲の無所属 ⑤希望の党)

    比例は、共産党。

    これで、死票が無くせます。
    私は、特定の支持政党はありませんが、今の暗黒政治には本当にウンザリしています。

    今回の野党共闘に、全力で取り組んでくれた共産党の聡明さを支持します!

    • 匿名 より:

      比例は立憲民主党です。
      1人でも多く比例でもいいから立憲民主党から当選してほしい。
      小選挙区で苦戦してる候補者多いので…

  9. 匿名 より:

    嘘や隠し事をしない普通の常識人に政治を担って欲しい。
    そりゃ人間だからプチ変節くらいならあるかもだが
    それについては追々丁寧に説明してくれればいい(いまだ自己総括すらしない野田豚とか論外)。
    「○○よりマシ」っていやな言葉があるが、安倍政権は最低最悪なので比較対象になりません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑