【愚か者】自民・竹下総務会長が宮中晩餐会の同性パートナー出席に反対「日本国の伝統には合わないと思う」⇒茂木氏「あまりの愚かさにドン引き」ネット「ルクセンブルグの首相は同性婚だが」

公開日: : 政治経済 ,

「宮中晩餐会の同性パートナー出席、反対」自民・竹下氏
 自民党の竹下亘総務会長は23日、天皇、皇后両陛下が国賓を迎えて開く宮中晩餐(ばんさん)会をめぐり、「(国賓の)パートナーが同性だった場合、私は(晩餐会への出席には)反対だ。日本国の伝統には合わないと思う」と述べた。岐阜市内で開かれた党支部パーティーの講演で語った。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

この人も高村さんと一緒に引退してればよかったのにね。

喋れば喋るほど、老害チック全開です!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    エロ本はダメでホモはおっけーなんだね
    ホモが一緒にいる場面なんて想像しただけでも気持ち悪いな

    • 匿名 より:

      どんな想像しているのですか。
      気持ちの悪くなるような想像は、しない方がよろしいですよ。

    • 匿名 より:

      生物として子孫を残さないものへの嫌悪感は本能なのでしょう。でももう少し知的生命体としての自覚を持って生きた方が人間として豊かだと思いますよ。

      • 匿名 より:

        自然界にもフツーに同性愛って存在するので、同性愛への嫌悪は本能とは言えないと思います。
        確か、同性愛は禁じたのは明治時代からだと。
        つまり人の歴史から見ると本のチョッピリ。

    • 匿名 より:

      >エロ本はダメでホモはおっけーなんだね
      ・エロ本のカテゴリーの中には、AVから素人、ゲイ、レズ、フェチなどなどがあり、これらをコンビニに置いていることは「社会風紀の問題」である。
      対して、竹下が言っている「(国賓の)パートナーが同性だった場合、私は(晩餐会への出席には)反対だ。とは、「人権の問題」だ。

      ネトウヨ(バカ)たちは、いつも、別次元の問題を「極論」として出してくるな・・・ネトウヨ(バカ)評論家の百田とか橋本とか山口とか上念とかw

      >ホモが一緒にいる場面なんて想像しただけでも気持ち悪いな
      ここまで知的レベルが低いネトウヨ(バカ)が、成人して同じ社会で生きてると思うと・・・想像しただけで気持ち悪いな。

  2. 匿名 より:

    勝手に日本の伝統を捏造するなよね。
    如何なる権限の下、左様な妄言を吐いているのですか。
    伝統に則り、分に応じた仕事をしていればよろしい。

  3. 匿名 より:

    エロ本がダメでホモはおっけーなんだね
    ホモが一緒にいる場面なんて想像しただけでも気持ち悪い

    • 匿名 より:

      ご苦労様

    • 匿名 より:

      オッス! オラサヨク!! 
      へへへ…おめえ、どうしようみねえぐらいアホなやつだけどさあ…突き抜けてスゲーからオラわくわくすんだ!

      >エロ本がダメでホモはおっけーなんだね
      ・わかってるぜ…
      ・ネトウヨの仲間が殺されたのがくやしいんじゃねえんだろ?
      ・あいつらにいいようにされちまったのがくやしくてしょうがねえんだろ?
      ・おめえのことは大キライだったけどアイコクの誇りはもっている
      ・オラもすこしわけてもらうぞその誇りを… 
      ・オラは地球育ちのサヨクだ…!

      >ホモが一緒にいる場面なんて想像しただけでも気持ち悪い
      ・おめえはすげえよ よくがんばった…たった一人で…
      ・今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…
      ・待ってるからな…オラももっともっとウデをあげて…またな!

  4. 匿名 より:

    >【愚か者】自民・竹下総務会長が宮中晩餐会の同性パートナー出席に反対「日本国の伝統には合わないと思う」⇒茂木氏「あまりの愚かさにドン引き」ネット「ルクセンブルグの首相は同性婚だが」

    さすが、行政府と立法府の長である「権王、安倍晋三」の「それは国会が決めること!」を任されて国会運営をしてきた黒王号、竹下 亘様ですね。
    黒王号、竹下 亘様の言いたいことは分かります。
    つまり、「武に生き 覇者となるに 一片の情けも無用!!(拳王名言集より)」ということですよね。

    これが「覇道」ってことですよね。

    まあ、安倍政治自体が国民に対して、「このおれの剛拳 いつまで受けきれるかな!(拳王名言集より)」みたいな感じになってますからねw

    はどう【覇道】
    (覇者が)武力や「権謀」によって天下を支配する政治のやり方。
    けんぼう【権謀】
    臨機応変のはかりごと。 ・・・う~ん、これ、世紀末国会運営ですよ。

  5. 匿名 より:

    竹下氏をみてつくづく。オスとして魅力の無い奴ほど、こういう差別的な発言するんだよなあと改めて思う。
    ちなみに生物界でも様々な理由から同性愛に似た行動をおこすことがあるそうですよ、むろん自分の生存と子孫繁栄のために(ボノボとか)

    そういえばコノ人議員年金復活とかのたまった人では?だとすると一ヶ月の間に二度の失言ですか。
    一部議員が必死こいて自民党のマイナス面は安部総理とその取り巻きだkだと印象付けてるのに、結局自民全体ダメだよね、と強調してどうするんだろうね。
    アメリカももうかばいきれないんじゃないのかね、自民からほかに鞍替えされるんじゃないのかねえ。

  6. 匿名 より:

    日本国の伝統って…(笑)(笑)
    日本の伝統と言うなら、男色は日本の伝統ですよー。

    >「続日本紀」には、天武天皇の孫である道祖王が、聖武天皇の喪中に侍児と男色を行ったとして廃太子とされた記述が見える

    という事で、天皇家も男色してましたよ。
    寺院では寺稚児、垂髪、渇食などと言って、少年が男色の対象にされてましたよ。
    武士の男色は「衆道」と呼ばれてましたよ。

    ついでに言うなら、自然界でも同性愛はフツーにある事ですよ〜。

    もうちょっとお勉強しましょうね、竹下さん。

    • 匿名 より:

      横からついでに。

      ネトウヨが好きな「侍(さむらい)」は、男色家(ホモ)が多いぞ。

      しかし、ネトウヨはホモがキモいと言いつつ侍や武士とかよく言ってるよね。
      SAMURAI魂、侍 News等々が、安倍政権応援チャンネルなんですけどw

      あれ? もしかして、この件はブーメランで切腹(ハラキリ)状態という、新手なギャグですかね。

  7. 匿名 より:

    ホモは行動派で政治に関心を持つ人多いぞ。
    多くの人間を敵に回したな。

  8. 匿名 より:

    日本国の伝統て何。そんな事を相手国の好意によって理解して貰おうとする事自体、恥ずかしい。自分にとって不快なことでも、気づかない振りをするのが礼儀であり、わざわざ日本国に来た相手に対しての気遣い。伝統だからと居丈高になって相手を排除するなど言語道断。まして外交の問題ならばなおさら。日本国とは文化も風習も伝統も歴史もまったく違う国がいくつもある。今回の竹下亘・総務会長の様な発言が、日本国民全体の民度を下げている。

  9. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    竹下氏の「歴史認識」があまりにも浅薄で、「政府与党の総務会長」などと言う重責を担っている事に驚嘆するばかりですが、曲がりなりにも「現在の主要国」と目される地位を占める国の政治家として「基本的な立脚点」がそもそも大幅にずれている事に気がつかないのは残念至極です。

    海外の要人を招くレセプションなどに「自国の伝統」を振り翳すのならば、相手国のレセプションでも同様な伝統により「王室・皇室などは斬首して市民革命をした国」なので、「入国したならばギロチンにしても良い」と言う様な乱暴さだとすら理解できないのでしょうか。

    確かに「国民主権・基本的人権の尊重・平和主義」等が存在するのは「真の憲法では無い」と言う、懐古趣味の偏狭な歴史修正主義の下にある「日本会議など」に支援されている「自民党の姿勢」からは納得の発言でしょう。

    しかし、同性愛・異性愛などLGBT問題は総て「個人の基本的人権を尊重し配慮する」と言う文脈から認められて来ている物で、「近代以降の文明国」では当然の流れに成りつつある物です。

    ついでですが、竹下氏の以下の情報も書いて置きます。

    前川喜平氏の証人喚問に付いて、「与党が必要ないとする理由は?」と問われて「必要ないというのが理由だ」と答えたのが竹下氏で、千葉県銚子市が「加計学園グループの千葉科学大学」に土地を無償貸与し、「校舎建築費92億円」も補助した工事を請け負ったのが「竹下氏の妻」の親族企業「福田組」だそうなので、「ポジショントーク」に徹する「官房長官と同類」なのでしょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑