2017/12/07(木)プチニュース「助成金詐欺で逮捕のスパコン社長はアベ友記者の大スポンサー」など

公開日: : プチニュース

スポンサーリンク

プチニュース・注目ツイート

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    スパコンの山口敬之関連のニュースは情報元があの上杉隆なので要注意です

    上杉隆
    「野党連合を作るには結党とか含めてこのへん(9月26日)がぎりぎり。前原さんは最初に枝野さんに言った。そしたらすぐに枝野さんが『僕も小池さんとの合流しかないと思ってました。やりましょう』って言って大賛成してくれた」

    これも大嘘でした、虚言癖があるとしか思えない

  2. 匿名 より:

    >「助成金詐欺で逮捕のスパコン社長はアベ友記者の大スポンサー」

    まあ、この案件は、経済産業省の天下り先の「NEDO」(産業技術総合開発機構)が主体になってやっていたことだからね。
    「NEDO」とは、
    職員数は約1000人。機構固有の職員は全体の3分の1程度であり、およそ半数は企業からの、残りは官庁(主に経済産業省)からの出向者である。
    現状では研究開発マネジメントの多くを、実際に開発現場にいた企業からの出向者に頼っている。
    出向者は定期的に入れ替わるため、ノウハウが機構に蓄積されにくいという欠点。

    PEZY Computing社長、齋藤元章容疑者、逮捕
    独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)の助成金約4億3000万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

    PEZYは、技術力に高い評価があったことは、PEZY社とExaScaler社などが関わったスパコンや冷却技術の採用実績がある。
    絶縁性の特殊な液体「フロリナート」を使ってスパコンを冷却する液浸冷却技術を開発・販売する「ExaScaler(エクサスケーラー)」社、積層メモリー開発を行う「UltraMemory(ウルトラメモリ)」社などからなる。
    理化学研究所(RIKEN)や大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)といった大手研究機関がPEZY社と共同開発などをしたスパコンを設置、Yahoo!JAPANのスパコン「kukai」にも、ExaScalerの冷却技術が採用されている。
    その省エネ性能は高く、2017年11月16日、RIKENとPEZY社、ExaScalerが共同設置したスパコン「Shoubu(菖蒲)system B」は、スパコンの世界的な省エネ性能ランキング「Green500」で世界1位を記録している。

    ・・・どうも、Winny金子事件と同じ臭いがしますな。

    Winny金子事件とは、
    一審の京都地裁は金子氏を有罪としたが、二審では逆転無罪となり、2011年に最高裁が検察側の上告を棄却して無罪が確定したが、このときはもう遅かった。
    金子氏の逮捕で「P2Pは違法だ」というイメージが広がり、日本ではP2Pシステムの開発が止まってしまい、検索サーバにキャッシュを置くのも違法だといわれ、検索エンジンの開発も止まった。
    その間に世界では、P2P技術を利用したIP電話、スカイプが普及し、今では国際通話のほとんどはスカイプで行なわれるようになった。
    これで使われたのが、「金子氏の開発したキャッシュ技術」だった。
    他にもこの技術はサーバ間の転送などに使われており、もしWinnyが合法的に改良されていれば、日本から革新的なビジネスが出たかもしれない。

    まあ、政府が率先して、日本で生まれた技術をアメリカ様に差し出した。という事件ですね。

    上の人がコメントしているみたいだが、どうも、上杉隆という人間は「胡散臭い」ですね。
    (なんか、上杉隆って「青山繁晴」によくにているな・・・)

    • 匿名 より:

      >PEZY Computing社長、齋藤元章容疑者、逮捕

      この人、籠池と同じ匂いがするな・・・
      PEZYには、瑞穂の国とか日本人がーとかのマンセーしているモノがある。
      つまり、山口にそそのかされて、安倍ちゃんを紹介され、籠池みたいになって、国からの助成金を得たということになったんではないだろうか・・・
      そして、調子に乗ってやっていたら籠池みたいに切り捨てられた・・・
      で、社長がいなくなった会社を運営していくために、資本提携した富士通なんかが出張ってくるんだろうな・・・

  3. 匿名 より:

    とんでもない発言をしたアホな国会議員
    https://twitter.com/CarlosToshiyuki/status/938711805001572354

  4. 匿名 より:

    青にゃんの遺骨発掘事業はホンモノなんですかねw

  5. 匿名 より:

    さっきニュース23で、アキエが「今年はつらい事がいろいろあって…」と涙ぐむ。
    なんでベルギーはこんな女に勲章やってんだ?

    明日はこの話で炎上だろうな。

  6. 匿名 より:

    上杉隆は右からも左からも関わった人間みんなからクズ認定されてる、正真正銘の嘘つきのクズなので気をつけよう

  7. 匿名 より:

    共謀罪の廃止は当然として、秘密保全法、TPP、種子法廃止、マイナンバー、水道水の民間企業委託、移民法改正、派遣法改正、内閣人事局など、廃止にしなければいけない法や組織が沢山ある。天下りも復活しているし、年金も国民個人と国との個人契約のはずが、義務責任要項は世帯単位になってダブルスタンダードだし、健康保険も天井知らずに値上がりを続ける一方。日本国民の負担は増大する一方で、安倍晋三や内閣閣僚は、恣意的に一部の人間への便宜と優遇をしており、その証拠書類を各関係省庁に提出を求めても、黒塗りのペーパーが出てくるだけで、誰のための秘密保全かを疑う。日本国民をバカにした安倍内閣の行動は、法による秩序を破壊するテロと言ってよい。
    NHKの受信料は、テレビ本体との抱き合わせ販売で、購入者に選択権のない違法商売だし、テレビにセットされているチャンネルは5~8あるが有料なのはNHKだけで、NHKが独占的に料金額の決定や徴収システムを持っており、明らかに独禁法違反。
    安倍政権が購入を公言した長距離巡航ミサイルは、他国の領土を攻撃する武器であり、明確な憲法違反。武器の強化や増加によって国家を存続させる方法は、米国や以前のソビエト連邦を見てもわかるが、経済の破綻を促すだけで、特に資源のない日本国には無理。日本国は、世界市民からの信頼と信用によって国家を維持させるしかない。信用を得るには他人を、殺さない、傷つけない、奪わない、を実践して武器を国連に預けて負託し、農業と自然環境を守護しながら文化的にも文明的にも他国の一歩先を行き、その技術と哲学を無償で世界に提供して信頼と共感を得るしかない。
    TPPと種子法廃止、水道水の民間委託では、米国企業モンサントなどの、遺伝子組み換え作物と農薬とのセット販売を計画、実践している企業のために、農薬の使用量を緩和し、一世代限りのF1種や遺伝子操作作物を推奨する日本の現政権は、日本国民の生存権を侵害する犯罪政権。種子の使用権を一企業が握れば、家庭菜園ですら犯罪扱いになる。現に米国では種子の使用を巡り、家庭菜園取り締まりが行われている。さらに日本国民全員の共通財産である水まで、松山市や浜松市はフランスのヴェオリア社に委託し売り渡そうとしている。人間は水無しでは生きられない。日本国土でつくられた水は日本国民全員の所有物。それを利益主義の民間企業に委託するなど安倍内閣は売国政権。この事業を進めているのは、麻生太郎財務大臣。政商麻生一族が戦前戦中にセメント事業でどれだけの人を低賃金で働かせ労苦を背負わせ、麻生がどれだけの金を得たか、歴史に明るい国民の良く知るところ。さらにTPPが発行されれば、一度民間に委託された事業はラチェット条項によって二度と国営に戻す事はできなくなる。ようするに日本国民の生存権は外国の一企業に握られることになり、日本国民は奴隷同然となるという事。
    健康保険に関する医療については、抗ガン剤や精神薬の使用を規制、廃止する国がどんどんと増えている中、薬を率先して使用して増やしているのは日本国だけ。ちなみに人間ドックは欧米には無く、欧米では医療機器による病気予防は無意味と言われている。
    とにかく、安倍内閣がどれだけ日本国民に不利益で差別的な政治を行ってきたか、日本国内は言うに及ばず、世界中の人たちが認識している。愚か者と言われ、死の商人と言われ、国連で演説しても主要国要人は誰も聞きに来ず、国連から不正選挙の指摘を受けて、監視のために国連から監視員の派遣を打診されても毎回断り、陸自の日報問題も説明すると言っては何の説明もせず、消えた年金問題も必ず解決すると言ってはやらず、拉致問題も何の進展もせず、献金疑惑も未解決。内閣人事局は三権の人事を欲しいままにして、日本国の三権分立を破壊し続けている。日本の歴史上こんなに悪徳に染まった政権はない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑