【日本の外務大臣は?】米・ティラーソン国務長官が前提条件なしで北と対話可能との見解を示す!⇒韓国「目標達成に役立つなら対話を希望」官房長官「圧力高める政策に変わりなし」

公開日: : 政治経済, 海外

“前提条件なしで北朝鮮と対話も可能” 米国務長官

アメリカのティラーソン国務長官は北朝鮮の核保有は認めないと改めて強調する一方、前提条件なしで対話に入ることも可能だという考えを示し、北朝鮮がまず非核化の意思を示さなければ対話には応じないという従来の方針を転換したとも受け止められています。

韓国「目標達成に役立つなら対話を希望」
アメリカのティラーソン国務長官の発言について、韓国統一省のペク・テヒョン報道官は13日午前の記者会見で、「米韓両国は北の核問題を平和的に解決するという原則で立場をともにして努力している。その目標の達成に役立つならば、速やかに対話が行われることを希望する」と述べ、アメリカと北朝鮮との対話の実現に期待を示しました。

官房長官「圧力高める政策に変わりなし」
菅官房長官は午前の記者会見で、「国務長官の講演会での発言の一つ一つについてコメントすることは差し控えたい。そのうえで、累次の日米首脳会談において、両首脳は対北朝鮮政策について突っ込んだ議論を行っており、北朝鮮への圧力を最大限まで高めていくことを含め考え方は100%一致している」と述べました。


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ティラーソンのような意見が日本の外務大臣から出てこないのが不思議です。

コウモリ男・河野だからか・・

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 愛国者 より:

    対話を求めない愚民国家

  2. 谷口恵梨香 より:

    日本だけが蚊帳の外になったりして。

  3. 匿名 より:

    日本は、アメリカが対話路線に舵を切ったとしても、強烈なる圧力を加え続けるのです。
    これは、現政権の変更不可能な外交政策なのです。
    世界中で、日本一国だけが圧力をかけ続ける国になっても構わないのです。
    日本には、外務大臣なんていないのです。名前だけの大臣はいるのです。
    安倍さまの重要方針なのです。安倍さまのご意向なのです。
    彼の国との対話などとてもできないのです。
    日本だけになっても、強硬路線は続けるのです。
    トランプさんに高額な武器購入を約束しているのです、珍しい武器も買っちゃうのです。
    買っておくだけでは勿体ないですね。
    武器は使うために購入するのです。
    日本だけになっても、強硬な態度で臨むのです。
    圧力一辺倒の国日本なのです。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑