【いいね!】立憲・枝野代表、共産と相互推薦行わず「衆院選のやり方を踏襲する(候補者1本化のみ)」ネットは批判殺到

公開日: : 政治経済 ,

立憲・枝野氏、共産と相互推薦行わず=「憲法改悪止める」

枝野氏は、昨年夏の参院選の全1人区や、10月の衆院選小選挙区の一部で、安全保障関連法に反対する「市民連合」の要請に基づき野党候補を一本化したことに触れ、「一定の成果を上げた」と総括。次期参院選でも「このやり方を踏襲する」と明言した。その上で「これを超えてということは無理だ」と述べ、共産党が共闘の条件としている相互推薦・支援までは行わない意向を示した。
 参院選では改選数3以上の北海道、埼玉、東京、愛知、大阪各選挙区で独自候補を立てると表明。2人区にも「(野党で)共倒れの可能性がなければ立てる」と述べた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ネットでは批判が多いですが、僕はこれで正解だと思います。

相互推薦して、共闘を深化させれば、自民に勝てるなら、その方がいいですけど、そういう地域(共闘して票が伸びる可能性があるのは北海道、東京、愛知、東北・東海の一部ぐらい?)は、まだまだ少ないですからね。

これで共産が全選挙区に候補者立てるようなら、共産もしょせん党利党略優先ということです。

野党も違う考え方だから、違う党なわけですからね。「できる範囲で協力」「一致点で協力」「市民の要請で協力」というスタンスで良いと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 愛国者 より:

    野党共闘拒否か
    所詮は日米同盟に賛成の反共政党

  2. 匿名 より:

    憲法で権力を縛る(改憲もあり)主義の立憲民主党と共産主義で護憲の共産党では政党政策がまったく違うからな。選挙協力はお互いに出来る範囲以内でしていきましょう。

  3. 匿名 より:

    民進党は自民党のサポート政党でしたし
    分裂しても変わっていませんね

  4. 匿名 より:

    >共産が全選挙区に候補者立てるようなら、共産もしょせん党利党略優先
    立憲民主党が共闘を拒否するなら立ててもいいのでは?
    ここの管理人はやたら共産党を敵視しますね

    • 匿名 より:

      私もそのワンフレーズには引っ掛かる。
      どっちにも肩入れしてない私から見ると、
      共産が相互推薦を求めるのも、立憲がそれを拒否するのも、どちらも党利党略に変わりはないと思える。

      違うのは立憲は”ボトムアップの政治”を掲げてるので、多くの人が”共産との相互推薦”を求めるのなら、方針を変えるだろうし、求めなければ変えないだろう。それだけの事。

    • 匿名 より:

      >ここの管理人はやたら共産党を敵視しますね

      同じことを私も感じています。
      たぶん、時に贔屓の引き倒しなほど立憲に入れ込んでるせいのような印象を受けていますが、共産を叩いてまで立憲を持ち上げる理由がいまいち曖昧で、ベクトルが違うだけで安倍自民支持者の態度と共通した性質を感じます。
      ところで、立憲はオール沖縄の選挙共闘にも曖昧な態度のようですが、その点ブログ主さんはどうお考えか知りたいものです。

      • 健康オタクなMr.K より:

        共産とベッタリになれば、せま~い支持層にしか支持されなくなりますけど、それがお望みでしょうか?

  5. 匿名 より:

    立憲民主でも共産党でも、政策と人間性が納得できるなら、私は支持するけれどねえ。

  6. モギー より:

    結集=憲法が改悪されそうな時、とにかく選挙で勝たないと‥。北海道や新潟などのようにやればかなり議席はとれると思います。政策の違いを問題にするのはその後でしょう。

  7. 匿名 より:

    共産党は嫌われている
    共産党と組んでいると思われると票が減る

    これが基本の認識なので
    共産党は普段は寄ってくるな
    選挙の時だけ、候補者を下げて立憲民主に票を集めろ
    という路線なのです(^ ^)

  8. 匿名 より:

    安倍を負かすためには共産党の存在は大きいけど、だからといってその先、共産党がのびるのは脅威、嫌だというのが多くの人々、立民党の思いなのでしょうか。ということは、枝野さんにはアベに勝つ確信ができているということですか。それならたのもしいんだけど。

  9. 匿名 より:

    やがて立憲も旧民進党レベルに退化するのかと、思えてくるな。
    管理人さんの【いいね!】って何なの?
    自公もこの路線に【いいね!】するかもね。

    • 健康オタクなMr.K より:

      共闘を深化させて「共産色」が強くなれば票が逃げる地域も全国ではかなり、かなりあります。

      共産は小選挙区で1人しか勝てないんです。

      あの、池内さおりでさえ接戦にすら持ち込めないのが現状です。

      • 匿名 より:

        小選挙区で勝てないって
        選挙中に比例以外で共産党に票を入れるなと
        必死に拡散していたあなたが言ってもねぇ

        • 健康オタクなMr.K より:

          ノンノン。

          「希望の勝てそうな候補に投票したら」と言ってただけです。

          選挙区ごとの得票数(現実)見れば、僕の言ってることもある程度理解できると思いますよ。

          • 匿ちゃん より:

            >「勝てそうな候補に投票する」

            どこかで聞いたようなセリフですね。
            「宇都宮より細川の方が勝てそうだから・・」と言ったのは都知事選の一部知識人達でした。一体、何を根拠にそういう事が言えるんでしょう?結果は宇都宮が細川より多かったじゃないですか、世論調査や風評に流されてはいけないと思います。

            世論調査を全て否定する気はないですが、その欺瞞性も理解されてると思われる管理人さんから「勝てそうな候補に投票する」
            とういうセリフが出てきたのには驚きです。

            政治理念を横において「勝てそうな候補に投票する」というのでは、野合も許されるというものです。「前原も”反自民”と言ってる、なので共産よりは当選する可能性が高いので投票しましょう」ってことで良いんですか?

          • 健康オタクなMr.K より:

            今の議席バランス考えたら、当然前原氏に投票します。

            長島でも細野でも松原だって投票します。

            与党3分の2を崩さなきゃ国会もまるで機能しないですから。

            理想論は良いですが、事態は切羽詰まってますし、理想を実現するために国民が動かない国ですから、妥協を重ねて現実的な立ち回りを優先するしか手はありません(今回の衆院選で言えば、希望候補への戦略的投票です)。

  10. 匿名 より:

    これでいいんだと思う。有権者も今のこの政治の状況と自分の生活がここまできた経緯をよ〜く考えてどう動いたらいいか判断するようになると思う。そして選んだ政治家や政党をじっくりと観察しましょう。

  11. 漂う人 より:

    >相互推薦して、共闘を深化させれば、自民に勝てるなら、その方がいいですけど、そういう地域(共闘して票が伸びる可能性があるのは北海道、東京、愛知、東北・東海の一部ぐらい?)は、まだまだ少ないですからね。

    そういう地域だけでも、共闘を深化させていく可能性を探ったほうがよいでしょう。

    この時点で「それ以上は無理」というのは、物足りないと感じます。

  12. 匿ちゃん より:

    明確な政策協定がないまま「一方的に候補者を降ろす」と、味をしめた連中はこうなるという見本。

    枝野は「共産は共闘重視」なので必ず「理屈を付けて降ろすはず」と踏んでるんだろう。しかし頭から「相互推薦行わず」とは共産党も舐められたものだ。

    共産をないがしろにし、共闘を否定し自己利益(党勢拡大)ばかりを追求する姿勢には必ずしっぺ返しがあることを知らしめるべきだろう。

    一例としてあげるが・・
    立民は京都府知事選でもまだ候補者が決まってないにもかかわらず「共闘はしない」と言った福山。なのにしっかり前原とは連絡をとってると言明、これには開いた口が塞がらんというものだ。

    ここに立民の基本姿勢が見える。共産党及び支持者は立民に対しての批判は結構抑えてきたと思う。今後は適切な批判もしながら共闘を追求するというスタンスに変えるべきだろう。

    何度も云うが福山幹事長の【候補者も決まってない段階で「共闘は無い」と言い、片方ではあの前原と連絡を取っている】とは、立民支持者をも裏切る行為ではないのか。

    これはどう理解していいのか?管理人にはぜひご意見を伺いたいものだ。

    • 健康オタクなMr.K より:

      福山に電話して聞いてみれば?

      • 匿ちゃん より:

        小生はこのような立民の幹事長としての姿勢を貴方がどう思ってるのかを尋ねているんです。やっぱり前原と仲良くするほうが、国民にとって良いとでもお考えなんですか?

        • 匿名 より:

          選挙中に管理人は希望を推していましたしそうなのでしょう

        • 健康オタクなMr.K より:

          前原と仲良くしようが、どうしようが知りませんが、実際問題として、京都では希望の国会議員が4人もいて、県連も設立されてるわけですから、県連レベルでは連携も必要なのではないでしょうか?

          • 匿ちゃん より:

            立民のそういうところが問われているんです。
            つまり前原は今度の選挙の直前に野党共闘を反故にし、安倍の手助けをした張本人じゃないですか、いわば戦犯でしょ。そういう人と連絡を取っているけど、一部ではあるけど選挙協力もしていた共産党に対しては、候補者も決ってない時点で「共闘はない」という態度は誰だって「解せない」と思いますよ。

            管理人さんの態度は、立民の議員が「どういう形であろうが増えればよい」に見えますよ。それこそ党利党略とは言えるんじゃないでしょうか。

          • 健康オタクなMr.K より:

            >管理人さんの態度は、立民の議員が「どういう形であろうが増えればよい」に見えますよ。それこそ党利党略とは言えるんじゃないでしょうか。

            「どういう形にせよ自民党の議席が減ればよい」です。

            まずはこの議席バランスをどうにかしないと、何でもやりたい放題が継続してしまうというのが、僕の最大の危機感です。

          • 匿ちゃん より:

            議員の数を持ち出されたので参考までに府会議員と京都市会議員を書いておきます。

            国会議員は確かに民進の方が多いです。
            だが参議院地方区では民主を破り一議席持っています。
            参議院地方区では1と1です。

            では府会市会ではどういう割合になってるのか存知ですか?
            京都府会議員 共産13人 民進10人
            京都市会議員 共産18人 民進7人
            こういう割合です。

            この事実を無視して「国会レベルでは民進が多いから前原と連絡を取っても良い」とおっしゃるんですね。
            「前原の実績」を知っていても、まだ前原と組もうとしてることに無批判なのは、このブログの威勢のよいところとは矛盾すると思います。

  13. 匿名 より:

    中選挙区制にすることには立憲民主も共産党も同意するのではなかろうか。この路線でいってほしいなあ。もし立憲民主が小選挙区にしがみつくなら私はこの党から離れる。

    • 匿ちゃん より:

      選挙制度の見直しつまり「民意を反映したものに変える」は共通の政策として打ち出して欲しいですね。
      一番の重要法案だと思います。

  14. 匿名 より:

    残念ですが、立民党はこれで終わりでしょうね。
    元民進党のいろんな人を入党させ始めたりしていますしね。
    立民党は、明確な野党としての色が無ければ存立の意味は無い。中途半端な政党ならごろごろ転がっているからね。
    現職の国会議員を入党させるにしても、せめて、1年間は観察期間を置いてほしかったですね。あれが入って、これが入らないのはなぜだ、というクレームが必ず大合唱することになる。
    政党としての色合いも、結局のところ野党色が薄れて、昔の民進党が出来あがることになるだろうね。
    本当に、残念な考え方をとったものですね。
    これで、安倍政権の超長期政権は確定されたと同様ですね。 (笑い)

  15. 匿名 より:

     枝野自身が「私は寛容な保守本流でリベラル」と言っている。宮本顕治も「そういう党に、私はなりたい」とか言ってたりなんかしちゃったり?
     「共産党は『野党共闘』とか言いながら、独自の票起こしをせずに、立憲票を横から狙っているのか?」と立憲サイドに警戒されてるのでは?

  16. 匿名 より:

    >残念ながらオール沖縄に関して、あまり知りませんのでお答えできません。

    それは意外ですね。
    このブログでも頻繁に沖縄に関する記事を載せていながら知らないとは。
    もし言い訳でなく、本当なら、是非知っておくべきです。
    名護市長選も近いですし。
    日刊スポーツでこんなことを書かれてますよ。
    https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201712230000193.html

  17. 匿名 より:

    共産が「共闘は相互推薦、支援が条件だ!」と発信しました。
    それに対し立民が「相互推薦、支援はちょっと・・でも野党一本化ならOK」と反応しました。
    結構怒ってらっしゃる方がいますが、私はこれがそんなに悪い反応とは思えませんでした。要は今まで通りの共闘をしましょうってことですよね?
    これが「共闘なんてどんな条件だろうとする気はない」なんて反応でしたら激怒しちゃいそうですけど。
    むしろここから共産と立民の共闘の為の交渉がスタートしていくのではないでしょうか?

    • 匿ちゃん より:

      おっしゃってる事はよく理解出来ます。
      確かに「これから」だと思います。立民だけでもダメでしょうし共産だけでもダメなのは自明です。

      だから最初から「自分らに都合のいい事をいきなり言うか」ってことに皆批判してるんじゃないでしょうか?

      まぁ悪意の批判ではなく強固な協力体制を作っていきたいという気持ちの表れだと思っています。

      でも「(自民そのものでは無いのでマシと考え)前原でも支持したら」は無いです。これ貴方の意見に対して言ってるんじゃないのでw

      • 匿名 より:

        交渉のスタートラインなので「自分らに都合のいい事をいきなり言うか」は、
        交渉なので初めの一歩としてはいうかもしれないなと私は思いました。

        それは共産の方も同じで交渉のスタートラインなので「自分らに都合のいい事」を言っている可能性もあると思いました。

        そして、お互いの「都合のいい事」のところから表や裏で交渉の綱引きをしてお互いの一致点を探していくのではないでしょうか?

        私も「立民だけでもダメでしょうし共産だけでもダメ」には大いに賛同です。

        みんなが納得の関係は中々難しいとは思いますが、少しでもいい関係になれるように両党には頑張ってもらえるといいなと思っています。

  18. 匿名 より:

    「これで共産が全選挙区に候補者立てるようなら、

    共産もしょせん党利党略優先ということです。」

    はあ?

    しょせん党利党略優先?

    なんだよ、その上から目線

    野党第一党になったからといって

    今の内にガッチリ野党のイニシアティブを

    握っておこうってか?

    共産党をブッチ切って国民の支持を

    完全に得られるのかね?

    野党共闘で安倍を倒す事を望む

    国民にとっては、不健康な考えだろうよ

    健康になるためのブログさんよ

    半歩前とか、真実を探すブログとかに似てきたな

    一緒なのか?w まあ、阿修羅の系列か

  19. 匿名 より:

     公明(アホアベ)信者だって、自民(クズ宗教)なんぞに票を入れてないから当然の発言だ。

  20. 徳川吉宗 より:

    立憲民主党は、党利党略だけで政策は無い。与党を、政策で対抗するのでは無く、与党議員のゴシップ等を、国会質疑で責め立てるだけだ。これは、民主党時代小沢一郎に教わっている。こんな党が、政権を取れば、日本は闇だ。まず政権を取る事は皆無だ。これは、民主党時代、政策で質問をしていた議員は、立憲民主党には行っていない。立憲民主党のまともな議員は、離党したほうが良い。次の選挙で、100%落選するからだ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑