”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【安倍おろし後に改憲?】憲法9条改憲「必要ない」53%、改憲発議「急ぐ必要ない」67%、安倍改憲「反対」53%、一九年夏の参院選までに「発議をするべきだと思う」52%

投稿日:

9条改憲「不要」過半数 国会論議「急がず」67% 憲法世論調査

本社加盟の日本世論調査会が先月九、十両日に実施した憲法に関する世論調査によると、戦争放棄や戦力不保持を定める憲法九条の改憲について「必要はない」が53%で過半数となった。「必要がある」は41%。安倍晋三首相が加速を促す改憲の国会論議には、67%が「急ぐ必要はない」と答えた。一方、九条に限らず、憲法を「改正する必要がある」「どちらかといえば改正する必要がある」と回答した改正派は55%で、二〇一六年二月の前回調査(54%)と横ばいだった。

安倍首相の下での改憲に53%が反対し、賛成の39%を上回った。昨年十月の衆院選で改憲が争点だったかを尋ねたところ「争点だったとは思わない」は70%に上った。

改憲で議論すべき対象(三つまで回答)は「九条と自衛隊」が62%でトップ。二位以下は「緊急事態条項の新設」36%、「教育無償化を規定」29%、「知る権利・プライバシー保護」22%、「天皇制」22%など。

一九年夏の参院選までに国会が改憲の「発議をするべきだと思う」は52%に達した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

この世論調査を素直に読み解くと「安倍改憲はイヤだけど、参院選までには国会発議求む」ですから、世論は「安倍おろし、後に改憲」ということでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.