”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【朝日新聞が大スクープ!】財務省が公文書を書き換え?「森友文書」契約当時の内容と、問題発覚後に国会議員らに開示した内容に違いがあることが判明!「特例」など文言消える⇒ネット「マジ真理省」

投稿日:

森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという。

 朝日新聞は文書を確認。契約当時の文書と、国会議員らに開示した文書は起案日、決裁完了日、番号が同じで、ともに決裁印が押されている。契約当時の文書には学園とどのようなやり取りをしてきたのかを時系列で書いた部分や、学園の要請にどう対応したかを記述した部分があるが、開示文書ではそれらが項目ごとなくなったり、一部消えたりしている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

廃棄・隠蔽の次は「書き換え」ですか。

普通の国なら軽く政権吹っ飛びますよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.