【遠のく安倍改憲】政策の優先度「憲法改正」は最下位・・朝日新聞「安倍首相の意気込みは国民に広く伝わっていない」

【遠のく安倍改憲】政策の優先度「憲法改正」は最下位・・朝日新聞「安倍首相の意気込みは国民に広く伝わっていない」

公開日: : 政治経済

政策の優先度、「憲法改正」は最下位 朝日世論調査

朝日新聞社の今回の憲法に関する全国世論調査(郵送)では、2020年までの改憲をめざす安倍晋三首相と国民との隔たりがはっきり表れた。国民が求める政策優先度でも「憲法改正」は最下位。安倍首相は「新しい時代への希望を生み出すような憲法を」と語るが、その意気込みは国民に広く伝わっていない。

そもそも国民の多数は憲法論議が高まっていないと感じている。憲法をめぐる議論について国民の関心がどの程度高まっていると思うか聞くと、「大いに」と「ある程度」を合わせた「高まっている」26%に対し、「あまり」と「まったく」を合わせた「高まっていない」は71%に上った。


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    んまあ、これが産経とか読売だと順位がまったく逆になるか、改憲がもっと上位に来るんだろうな。

    ネトウヨは歯噛みもんだが、世界が評価する日本で一番信用できる報道機関が朝日であることは確かなんだし、ある程度は『幅広い国民の意見』が反映されていると見ていいのだろう。

  2. 匿名 より:

    そんなに新憲法作りたいなら自民党の人達は日本会議や神社本庁や富士ナントカとかいう宗教の信者連れて竹島で生活して独立でもすればいいよ。カジノ作ってモナコみたいになればよろしいと思いまーす。

  3. 匿名 より:

    憲法改正は、軍需産業へのプレゼントによる自らの利権獲得が第一目標。
    第二目標は、集団的自衛権の合憲化でしかない。
    今の憲法下で集団的自衛権を行使すると違憲訴訟で負ける。
    これを避けて、戦争に堂々と参加するために憲法改正が仕組まれている。
    結局、金儲けと戦争に積極参加のための憲法改正だよ~。
    自衛隊の合憲化が目的なんて国民の意識をそらすただの嘘。
    本当は兵器利権の拡大と、戦争への参加で大儲けするのが最大の目的。
    自民の改憲内容は、日本人の命を他国に売る改正である事は明らか。
    やらなくていい戦争で命を奪われ、死にたい人は改憲に賛成すれば。

  4. 匿名 より:

    改憲は 国民を充分に洗脳してから 行われるものだ
    長期戦略的に行われているから 十年単位で見れば 改憲派は着実に増加している
    遠のいているとは 言えないだろう

  5. 匿名 より:

    安倍も憲法改悪も不要です。

  6. 匿名 より:

    憲法知識も嗜まず憲法遵守義務が守れない安倍ではお話にもならない。

  7. 匿名 より:

    安倍は安倍のために嘘をつき続けることが美徳であるという
    新たな伝統を確立しつつある
    自民党はもちろん公明党もそれを支持している
    これは美しい国の要件である

    世界から孤立して蚊帳のそとに立つのは
    美しいことである

    アメリカの大統領のために
    ゴルフをしてバンカーで転倒するのが
    日本の総理大臣の伝統であり責任である

  8. 匿名 より:

    現実問題、改憲は喫緊の課題ではないからそうなるね。
    自分自身や家族の仕事や健康は大事。うん。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑