”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【友情プレー?】倒れた北照・岡崎選手に沖学園の選手がコールドスプレー&飲料⇒岡崎選手「お風呂の中に足をつけているみたいだった」

投稿日:

友情のアシストプレー 倒れた北照・岡崎に沖学園の選手がコールドスプレー&飲料差し出す
全国高校野球選手権大会の2日目、第3試合で対戦した北照対沖学園戦で試合中に敵と味方の境界を超えた友情の“アシストプレー”があった。

 ここで沖学園の三塁コーチャー・上園凱斗がコールドスプレーを持って駆けつけ、背番号18の高塚と背番号13の高原が飲料を持って“現場”に急行。倒れた岡崎選手に差し出して一息つかせ、思いやりの行動に甲子園からは大きな拍手が沸いた。

 岡崎選手は泣きながら担架で運ばれたが、ベンチ裏で治療を受けたあと守備位置に復帰。南北海道大会で5本放った本塁打は披露できなかったが、最後までフル出場を果たした。

【甲子園】北照・岡崎「足をお風呂につけているみたいだった」

 9回の守備で足の異常を訴えていた北照・岡崎翔太左翼手(3年)は試合後、いすに座り、氷のうで首などを冷やした状態で取材に応じた。「打球を追った後、両足が突っ張って立っていられない、力が入らない感じだった。熱中症ではないと思う」と明かした。

ベンチに戻るたびにコップ2、3杯の水分補給をし、アンダーシャツも着替えるなどしたが「スパイクの中が熱くて、お風呂の中に足をつけているみたいだった。イニングごとにスパイクを脱いで、氷のうで冷やしたけど、それでも熱かった」と振り返った。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-スポーツ, 健康, 健康被害, 運動関連ニュース
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.