【国民代表戦】「野党共闘」を要求する人たちが国民民主党で目立ち始める!旧・細野派や今井氏など

【国民代表戦】「野党共闘」を要求する人たちが国民民主党で目立ち始める!旧・細野派や今井氏など

公開日: : 政治経済

国民民主党代表選 最有力候補・玉木雄一郎氏への「反旗」相次ぐ

代表選では、古川元久幹事長や岸本周平役員室長ら執行部中枢が玉木氏を支援する見通しで、対抗馬が出た場合も玉木氏が最有力である情勢に変わりはない。

津村氏を支えるのは階猛政調会長代行、後藤祐一政調会長代理ら旧民進党内のグループ「自誓会」出身のメンバーだ。津村氏らは、玉木氏の「対決より解決」路線が野党内で孤立を招き、来年夏の参院選での協力に影を落とすことを懸念している。実際、先の通常国会では、徹底抗戦路線の立憲民主党と国民民主党の路線対立が目立った。

 一方、津村氏らよりも強硬に「野党共闘推進」「対政権強硬路線」を唱える今井雅人国対委員長代理ら非主流派も独自候補の擁立を模索している。代表選出馬には国会議員と地方議員各10人の推薦人が必要で、非主流派の一人は「われわれが協力しなければ津村氏は推薦人を確保できない」と読む。今後、津村氏側と非主流派の間で候補一本化協議が動き出す可能性もある。



以下ネットの反応。

旧細野派が野党共闘を要求して、今井雅人なんかが反玉木の非主流派になるなんて言われてるのは凄いですね。

しかも、あれだけ無茶やって民進を飛び出した後藤が「野党共闘」を今さら言うなんて・・

さらに、津村・後藤・今井は希望の代表選の出陣式の写真に写ってるぐらいだから、出来レースなんじゃないかと疑いたくもなります。

ただ、階さんは別として、津村・後藤・今井の3人は、野党共闘がなければ次の選挙でサヨナラになる確率が非常に高いのも事実。

この代表戦をきっかけに、また分裂するのか。

注目です。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    進歩も無けりゃ理念もない。あるのは己の保身のみ。

  2. 匿名 より:

    どうせ統一地方選までの演技。
    来年の選挙で野党共闘を無視して候補者を立てておきながら、「共産党が候補者擁立を見送らないから」って叫ぶんだろ。
    立憲、社民、自由が擁立できない選挙区で自共一騎打ちになるところはもちろん、共産が擁立を見送った選挙区に候補者を立てるのも見え見え。

    民民は国民の敵で国賊売国奴である自公の手先で野党共闘潰しのためのピエロだってことに気付かず、日本国民の大半はマスゴミプロパガンダ「野党分裂」ってのを鵜呑みにするんだろうけど。

  3. 愛国者 より:

    共産党に降りてもらわないと当選できないから言ってるだけ
    本気で共闘する気はゼロ

  4. 匿名 より:

    なんとかして 世間の話題に上りたい
    でも それだけ

    野党 のイメージを 悪くすることだけが目的ですか
    ニッポン自民党を 側面支援して 何を期待してるのですか

    この連中に対する 支持率の低迷は 支持とか不支持の判断自体が出来ないほど やりたいことやっていることが 国民には理解できないということ

  5. 匿名 より:

    どうしてそこに居るの?って人が何人かいるよね。そっちにいるからこっちも落ち着かず不安なんだよぉ。立憲民主党に移動してくれ。醤油やら箸やら取りにあれこれと席を立つ落ち着かないお母さんみたいだ。

  6. 匿名 より:

    お前ら他の野党と一緒になれないからその党を作ったんとちゃうんか!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑