”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【産経調査】改正入管法の対応でどちらを評価?「対案を出さなかった立憲民主党など」17・9%「対案や付帯決議を出した国民民主党」60・6%

投稿日:

国民民主の進む道は? 提案型は対決型立民より支持されながらも…

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が8、9日に実施した合同世論調査で、改正入管法の審議をめぐり(1)対案を出さなかった立憲民主党など(2)対案や付帯決議を出した国民民主党-のどちらを評価するかを尋ねたところ、(2)は60・6%に達し、(1)の17・9%を大きく上回った。

 立憲民主党支持層に限っても、(2)が(1)を2・5ポイント上回り、43・3%を占めた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
産経らしい質問ですが、安倍政権の「やってる感」で支持する国民も多いわけですから、「対案出してる」=「何かやってる(頑張ってる)」と捉える人が多くても、またったく不思議ではないですよね(白目)立憲支持層ですらこれですから「世論」は政治オタク関心層が想定しているよりも、相当「ふわふわ」してることは間違いなさそうです。(例:安倍マリオ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.