”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【アベノセイダー】子ども手当⇒安倍総理「あの頃、愚か者と考えていた人は多いのではないか。私もその一人だ」⇒子供の貧困、少子高齢化

投稿日:

首相また旧民主党政権批判、子ども手当巡り 「あの頃、愚か者と考えていた人は多いのでは」

 安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、旧民主党政権(2009~12年)が導入した子ども手当について「あの頃、愚か者と考えていた人は多いのではないか。率直に言って私もその一人だ」と述べた。首相は2月の自民党大会で「あの悪夢のような民主党政権」と述べて物議を醸したばかり。再び旧民主党批判をヒートアップさせた形で、野党の旧民主党出身者は反発している。

予算委では、自由党の森裕子氏が「子ども手当をつぶした自民党を許すことはできない。丸川珠代さん(元五輪担当相)は採決時に『愚か者』と言った」などと批判。首相は、これに反論し「ファミリーバリュー(家族観)を否定してすべて社会化していく政策だった。財政破綻を招くだけでなく、子育てに対する考え方が基本的に違う」とも述べた。森氏は「今の答弁態度は信じられない」と反発した。

 その後の参院本会議では、国民民主党の田名部匡代氏が「子ども手当を満額支給していたら子どもの貧困や少子化問題はなかったかもしれない。当時の言葉をそのままお返しする。愚か者」と首相に切り返した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
この答弁は安倍氏がどんだけア〇だとしても許せませんね。日本の衰退を決定づけた「子ども手当て」の廃止、その結果として「こどもの貧困」「少子高齢化」という最低最悪の状況になっているわけですから、「愚か者」はどちらなのかは歴然です。初期民主党は良かった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-2019通常国会, 政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.