”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【ダメだこりゃ】立憲VS国民で抗争勃発か!?菅元首相「国民は解体を」⇒玉木氏「菅氏は引退を」

投稿日:

立憲の「解党」圧力に反発=玉木氏、菅元首相に引退勧告-国民民主

口火を切ったのは立憲最高顧問の菅直人元首相。9日まで複数回にわたりブログで解党論をつづった。9日のツイッターへの投稿では「国民民主党は政治理念が不明確なので解散し、参院選までに個々の議員の判断で立憲との再結集に参加するのが望ましい」と踏み込んだ。
 立憲会派の江田憲司衆院議員も8日にツイッターに投稿。統一地方選前半戦の結果を報告する中で、立憲がもっと候補者を擁立していれば「国民民主は壊滅しただろう」と指摘、「立憲中心の野党結集」に期待を示した。
 これらに国民側は猛反発。玉木雄一郎代表は10日、東京都内の行事で同席した菅氏を呼び止め、「煩悩があり過ぎるようなので、お遍路でも回ったらいかがか」と引退を勧告。国民の原口一博国対委員長も11日、立憲の辻元清美国対委員長に「野党共闘の障害になる」と抗議した。辻元氏は「党役員会で問題提起する」と引き取った。

「国民民主解散論」岡田克也氏も眉ひそめる ヒンシュク買う菅直人氏の独走

 立憲民主党会派の岡田克也衆院議員が2019年4月11日、菅直人元首相(立憲民主党最高顧問)が国民民主党に解散を求めていることについて「慎むべき話」だと苦言を呈した。国会内で記者団に語った。

 岡田氏は、19年7月に迫った参院選の1人区では立憲や国民が候補者を公認するのではなく、無所属で出馬させた上で相互推薦すべきだとの立場。菅氏の発言は野党間の足並みをさらに乱すとみているようだ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
確かに「国民民主党」は、希望の残骸であり、主義主張がまったく見えず、それを国民もわかっているから支持率がほぼないわけで、解体するのが筋だとは思いますが、選挙中・野党結集に向けて動かなければならない時に、にこんな事を言い放つなんて菅氏はダメすぎるでしょう。菅氏は引退、国民民主は解体、で手を打とうじゃないですか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.