”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【悲報】安倍総理の新喜劇出演、評判悪かったらしい「真剣に選挙を戦っているのに、呑気に舞台に出ている場合なのか」「もっての他だ」

投稿日:

衆議院補選での自民党大敗で、衆参ダブル選の可能性が高まった?
吉本新喜劇の舞台に安倍首相が登場したのも、そのひとつといえる。

 ところがこれが評判が悪かった。

「真剣に選挙を戦っているのに、呑気に舞台に出ている場合なのか」

「吉本は大阪維新の会に近い。首相が選挙中にわざわざ相手側に行くなんぞ、もっての他だ」

 怒りが込めた声があちこちから湧き上がっていたというのだ。

萩生田光一自民党幹事長代行の「消費税増税凍結発言」も、足を引っ張ったと言われた。萩生田氏は4月18日にネット番組で「6月の日銀短観が示す景況感次第で、消費税率アップ延期もありうる」と述べたが、麻生太郎財務相や菅官房長官に一蹴されている。

「党内で立場のある人が選挙中に軽率な発言をすべきではない」

「そもそも萩生田氏は維新に近い。大阪都構想を肯定的に述べたこともある。とんでもないことだ」

 自民党関係者は苦々しくこう述べたが、不信感は相当高まっているのは間違いない。

 そこで出てくるのが早期解散説だ。補選で敗退が続いたことは次期参議院選に良い影響を与えないが、与党に有利な衆参同日選にすれば挽回は十分可能だ。

 しかも野党はいまだ選挙体制を整えていない。岩手県選挙区のように参議院の1人区の調整がなかなか進まない選挙区もあるし、衆議院では空白区を埋めきれていない。

 さらには狡猾な二階俊博幹事長の下で台頭しつつある党本部の勢力を削ぐためにも、解散総選挙を行う意味があるだろう。これまでも安倍首相は、ピンチをチャンスに変えてきた。2017年も小池人気と森友学園・加計学園問題で窮地に立ったが、絶妙なタイミングで衆議院を解散したため、安倍政権は蘇った。

 もしかしたらその「下地」のために、萩生田氏をして消費税率アップ凍結の可能性について言及させたのかもしれない。とりあえずこの夏は、いつもよりいっそう暑くなりそうだ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
安倍チンも新喜劇出るなら捨て身の本粋で笑わせにかからないと逆効果ですよね。ぼけーっと突っ立ってるだけではすべって当然です。関西人にはアレでは逆効果でしょう。「さらには狡猾な二階俊博幹事長の下で台頭しつつある党本部の勢力を削ぐためにも、解散総選挙を行う意味があるだろう」この意見はごもっともです。安積さんの文章読んで初めて共感しました。与党は政権と自民党と公明党と維新の関係がぐちゃぐちゃで不安定、野党は完全なる力不足、安積さんがおっしゃるように衆参Wの可能性は高まっています。「この夏は、いつもよりいっそう暑くなりそうだ。」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.