”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【これも米国からの指令】日本産科婦人科学会が子宮けいがんワクチン早期再開を呼びかけ

投稿日:

20140801182445asdsad

接種後に原因不明の痛みなどを訴える患者が相次ぎ、積極的な接種の呼びかけが中止されている子宮けいがんワクチンについて、日本産科婦人科学会は接種の呼びかけを早期に再開するよう要望する声明を出しました。

スポンサーリンク

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150829/k10010209271000.html

子宮けいがんワクチンはおととし4月、小学6年生から高校1年生までの女子を対象に、法律に基づく定期接種に加えられましたが、接種後に原因不明の痛みなどを訴える患者が相次ぎ、厚生労働省は開始から2か月で接種の積極的な呼びかけを中止しました。

29日に日本産科婦人科学会が出した声明によりますと、痛みや運動障害などが引き起こされるのは接種10万回当たり2件の頻度で、症状とワクチンの成分との因果関係を示す科学的・疫学的な根拠は得られていないとしています。そのうえで、症状に苦しむ患者の診療体制について、すべての都道府県で痛みなどに対応する病院が設けられたほか、今月には日本医師会などが診断のポイントなどを示した診療の手引を作るなど、希望者がより安心してワクチンの接種を受けられる環境が整ってきたとしています。

そして、今後も積極的な接種呼びかけの中止が続くことになれば、日本だけが将来も子宮けいがんにかかる割合が高い国になることが懸念されるとし、ワクチン接種の積極的な呼びかけを早期に再開することを強く要望するとしています。
この問題を巡っては、今月24日、ワクチンを接種したあとに痛みなどを訴えている女性たちが、痛みの原因の究明とともに、積極的な接種の呼びかけを今後も行わないよう厚生労働省に要望しています。

【岩上安身のニュースのトリセツ】集団的自衛権という「暴挙」と危険な子宮頸がんワクチンの接種継続という「異常」とに共通する「米国CSISからの圧力」(後編) ~ワクチン推進のためには「メデイア監視」が必要?

「岩上安身のニュースのトリセツ」前編では、集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対し、首相官邸前に集まって抗議の声をあげた人々の声を、ドキュメント形式でお伝えし、続く中編では、集団的自衛権、さらに原発再稼働、TPP交渉参加など、様々な日本の施策が、ジャパンハンドラーたちの巣窟・CSISの「指示」に沿っていることをお伝えした。

 そして、CSISはさらに、思いがけない分野について口を出してきた。子宮頸がんワクチンの積極的勧奨(日本政府が積極的に接種を国民に勧めること)の再開をせよ、というレポートを、2014年5月に発表したのである。

子宮頸がんワクチン副反応の実態


2014/05/29 「1から10まで数えられない」ほどの記憶障害、知的障害に苦しむ少女たち~子宮頸がんワクチン被害者の声

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

子宮頸がんワクチン接種再開も戦争法案・原発再稼働・TPPと同じで、アメリカからの指示によって推進されているものです。

そして、そんな子宮頸がんワクチン接種再開を呼び掛けているのが「日本産科婦人科学会」という団体です。

tttttggg

普通の人が予防接種(ワクチン)について考える方法。

他のワクチンも怪しいものが多いですが(ワクチンは病気してない人に打てるのでとにかく儲かる)、子宮頸がんワクチンはその中でも特に危険です。まさか積極的な呼びかけ再開にはならないと思いますが、動向を注意して見守る必要があります。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-健康, 健康被害, 医療・病気関連ニュース
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.