”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【未来予想図】年金積立金「33年後」にゼロ、夫婦の年金額は現在の月22万円から約13万5000円程度に(財政検証の試算)

投稿日:

年金積立金は「33年後」にゼロ
 そして大きなクラッシュがやってくる。

「2052年度に国民年金の積立金がなくなり完全な賦課方式に移行。その後、保険料と国庫負担で賄うことができる所得代替率は38~36%程度」という財政検証の記述からそのことが読み取れる。

 現在は現役世代の納める保険料収入に加え年金積立金を取り崩しながら年金を支払っているが、積立金がなくなれば保険料収入と国庫負担だけで年金を払わなればならない。それが「完全賦課方式」だ。

 現役世代が負担できる保険料には限界があり、33年後に年金積立金がゼロになった途端、年金の大幅カットを迫られる。

 財政検証の試算によると、夫婦の年金額は現在の月22万円からそのとき約13万5000円程度に下がる。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
なんとかして今の「弱肉強食」政治を変えないと大変なことになります。そして、その一方で自己防衛も進めていかなければなりません。まともな人が金(力)持ってる方がいいですからね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-社会保障
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.