”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【信じられない】台東区がホームレスの避難を拒否、北海道の住所のため、世田谷区はホームレスにチラシ、専用の避難所も(台風19号)

投稿日:

路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

台風19号に伴って開設した避難所で、東京都台東区は路上生活者など区内の住所を提示できない人を受け入れなかった。生活困窮者支援の専門家からは「究極の差別だ」などとの批判が上がる。東京都内では住所の区別なく受け入れた区もあり、「災害弱者」への意識の差が浮き彫りになった。【塩田彩、江畑佳明/統合デジタル取材センター】

受け入れを断られた北海道出身の男性(64)は12日午前、支援団体の案内を受けて忍岡小の避難所を訪れたが、受付で北海道内の現住所を記載したところ、区の担当者から受け入れられないと言われたという。

東京23区のうち、13日に取材できた台東区以外の12区は、住所を理由に避難者を排除することはないと回答した。

 世田谷区災害対策課によると、同区は神奈川県との境を流れる多摩川の河川敷に住んでいるホームレスの人たちに対し、事前にチラシを配って台風と避難所の情報を知らせた。今回はホームレス向けの避難所を2カ所用意したが、利用者はなかったという。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
避難所に来た人間を追い返すとは公務員のやっていいことではありません。この問題は、世田谷区が事前にチラシを配ったり、専用の避難所を開設するというきめ細かい対応策を取っているだけに、台東区の最悪さが際立ちます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-災害・気象情報, 社会問題
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.