”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【要保存】自民9人が賛否示さず!中日新聞が安保法案の賛否を中部地方の27参院議員に聞く

投稿日:

qpppqq

スポンサーリンク

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015090702000079.html

安全保障関連法案の参院審議は与党が目指す九月中旬の採決をめぐり、野党との攻防が激しさを増している。中日新聞が中部六県(愛知、岐阜、三重、長野、福井、滋賀)の参院議員全二十七人に法案への賛否をアンケートしたところ、与党では自民党の十三人のうち九人が無回答および「回答を控える」などとして態度を明らかにしなかった。公明党の三人はいずれも「賛成」を表明した。安倍政権に十分な説明を求める国民の声は根強いが、自民党議員の消極姿勢が目立つ結果となった。

 自民十三人のうち法案に「賛成」と答えたのは、吉田博美(長野)、若林健太(同)、滝波宏文(福井)、柘植芳文(比例)の四氏。山崎正昭氏(福井)は「参院議長として中立を保つ」、藤川政人氏(愛知)が「審議中のため」とするなど、四人が理由を示したうえで「回答を控える」とした。酒井庸行(愛知)、大野泰正(岐阜)、吉川有美(三重)、小坂憲次(比例)、山谷えり子(同)の五氏からは回答がなかった。

 与党では自民と連立を組む公明党の全員が「賛成」を表明。荒木清寛氏(比例)は「安全保障環境が厳しさを増す中で、紛争を未然に防止する必要がある」、魚住裕一郎氏(同)は「丁寧に審議が進められている」とした。

 これに対して野党の民主党は、十人全員が法案に「反対」と回答。林久美子氏(滋賀)は、集団的自衛権の行使を容認した昨夏の閣議決定などを踏まえ、「憲法解釈を変更するのではなく、憲法改正を提起すべきだ」と答えた。芝博一氏(三重)も「憲法解釈を変えての法案」と国会手続きへの疑問を提示した。大塚耕平氏(愛知)は「国民と国の潜在的リスクを高めることになる」と説明した。

 無所属の薬師寺道代氏(愛知)は「『安保関連法案』と十把ひとからげに賛否を問うアンケートでは真意は伝わらないので、無回答」とした。

 自民、公明両党は法案の衆院通過から六十日が過ぎても参院が採決しない場合、衆院が再可決できる「六十日ルール」は適用せず、参院での採決で安保関連法案を成立させる方針を確認している。

    ◇

 アンケートは今月二日から五日にかけて、中部六県を選挙区とする議員および各県に住所もしくは事務所がある比例議員を対象に書面で実施した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

もし議員がこの戦争法案が国民のために・国防のために絶対必要と考えているのなら、絶対賛成の意思を示すはずですよね。

例え、それで有権者の理解が得られず、次回選挙後に自分が議員じゃなくなっても、有権者のためを思えば致し方ないところです。

し・か・し

自民党議員の9人は賛否を示さないわけですよ。

この議員たちが何を考えて、何のために議員をやっているのかよ~~~くわかりますね。

さすが、中日新聞「いい仕事です」。

【これが現実】自公議員欠席!若者が「安保法案」について国会議員に聞く会(愛知)での出来事

どんな小さな選挙でも、自民の議員は当選させない。安保賛成派の議員になぜそうなったのか、今一度考える機会を持ってもらいたい。

いい言葉です。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.