”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

米モンサント開発の除草剤「ラウンドアップ」は本当に発がん性の恐れがあるの?

投稿日:2015/05/27/ 10:43 更新日:

4957919634498

米国のモンサントが開発し日本でも使用されている「ラウンドアップ」に発がん性の恐れがあるという報告が、この春に国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)から出て、世間を騒がせました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H69_U5A320C1FF2000/

 【ワシントン=共同】世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)は23日までに、米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表した。

 グリホサートは「ラウンドアップ」の商品名で知られる除草剤の主成分。日本を含む多くの国で使われている一方、安全性を懸念する声も強い。

 IARCは、人での発がん性を示す証拠は限られているものの、動物実験や薬理作用などの研究結果に基づいて判断したと説明。5段階分類で上から2番目にリスクが高く「人に対する発がん性が恐らくある」ことを示す「2A」にグリホサートを位置付けた。

 報告についてモンサントは「グリホサートは人の健康に安全だ」と反論している。

ただ、以下の2つの記事のように国際がん研究機関(IARC)の報告はとてもじゃないけど鵜呑みにできるものではないというものもあります。

「ラウンドアップに発がん性?  簡単、わかりやすいニュースに踊らされる前に、もっと詳細をみてみよう」
http://www.foocom.net/column/editor/12412/

また、米国で行われている非常に大規模な農業健康研究では、グリホサート使用と非ホジキンリンパ腫増加との関連は見つかっていません。この研究は、農業者とその配偶者計8万9000人を対象に、どのような農薬を使っているかやライフスタイルなどを調査し、5年後、10年後にどんな病気にかかったか調べているもので、記憶によるバイアスがなく、ケースコントロールスタディよりははるかに質が高い調査とみなされています。ここでは、グリホサートの発がん性は今のところ、ないとされているのです。

 しかし、IARCは、動物実験で明白に発がん性が示されているのと、人の細胞を用いた実験で発がん性が示唆されるものも合わせて根拠とし、グリホサートをグループ2Aに分類しました。

要するに、IARCの今回の分類は賛否両論。しかし、WHOのほかの機関の評価とも大きな矛盾がある、という事実は押さえておいた方がいい。これだけで「市場追放だ」と息巻くのは、科学的にはちょっと恥ずかしい行動だと思います。

松永 和紀

「グリホサート発がん性ランク付け騒動 諸悪の根源は国際がん研究機関(IARC)の情報隠し」
http://www.foocom.net/column/shirai/12548/

 松永さんは編集長コラムで「今回のIARCの分類には賛否両論、他の国際機関、政府機関のこれまでの結論とも大きな矛盾がある」と書いているが、IARCの分類(ランク付け)それ自体より、情報開示の仕方が問題なのだ。

 発表の仕方、情報の開示度で今回のIARCは落第だ。メディアや反対派団体の宣伝を鵜呑みにせず、信用できる論文や公的機関の報告に重きを置くのは、多くの場合は正しいのだが、評価の高い有名学術誌に載った論文でも信用できないものがあることはSTAP細胞騒動が教えてくれた。国連機関や各国政府の発表でも今回のような情報の出し方では信用度、信頼度を落とす。

 IARCはこれほどの騒ぎになり社会問題化するとは思っていなかったのかもしれない。今までと同じ基準でランク付けし、要約を先に出し、本文は後で発表するというスタイルも今までと同じと開き直っているのかもしれない。しかし、グリホサートを評価対象としたことで、IARCのランク付けの基準、評価システムが注目されることになった。IARCは各国政府の拠出金(税金)で賄われている国連の付属機関だ。責任を自覚して、一日も早く、本文全部を公表し、動物実験の根拠論文は何だったのかを示すべきだ。科学的に妥当なものかどうかの判断はそれからだ。

白井 洋一

確かに、いくら国際機関の発表とは言えひとつの情報だけで決めつけてしまうのは良くないですよね。

最近ではWHO(世界保健機関)ですら裏で金銭が動いていると言われることもありますからね。

ただ、残念ながら今の所我々には「ラウンドアップ」に発がん性の恐れがあるかどうか判断する材料がありません。

ですから、できることといえば「ラウンドアップ」を売っている会社「モンサント」という会社がどういった会社かをよく知ることで、「ラウンドアップ」の信用性を推測するしかありません。

そのためには、モンサントのウィキペディアぐらいは最低読まなければなりません。

「モンサント」

モンサントに関してはドキュメンタリーもあります。

「ラウンドアップを1リットル飲んでも害はない」と主張している科学者もいます。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/30/roundup-is-safe-enough-to-drink_n_6966546.html

マスメディア(テレビや新聞)や権威がある機関の発表を鵜呑みにするのではなく、最低でもこのぐらいの情報を見比べた後で、自分の見解を持つことが我々の健康を守る上では必要です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-健康問題, 農薬
-, , ,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.